2017年 09月 08日 ( 1 )

鶯歌陶瓷老街

c0112559_08272097.jpg
ツアー最後の訪問地は鶯歌陶瓷老街(おうかとうちろうがい)。広い石畳の道路の両側に、多くの陶器の店が並んでいて、高く伸びた椰子の木がエキゾティックな印象的を与える、おしゃれな町並みです。

近郊に良質の粘土を産出する山があるため、古くから陶器の製造が盛んで、陶磁工場が立ち並び、200年以上の歴史があるそうです。以前は工場が多かったらしいのですが、近年は陶芸観光に力を入れ、陶磁食器の専門店、陶芸家の仕事場、陶芸教室などの陶芸関連の店が軒を連ねています。

鶯歌陶瓷老街
新北市鶯歌区尖山埔路
撮影 : 2016.9.5
c0112559_08275776.jpg
街の手前にある大中華芸品有限公司。この近くでバスを降りました。
c0112559_08285177.jpg
この塀に沿ってゆるい坂道を登ります。
c0112559_08294889.jpg
重慶街と尖山埔路の分かれ道、扇の要に建つ清山陶芸工廠。
c0112559_08304882.jpg
右に行けば重慶街。
c0112559_08311785.jpg
左に行けば尖山埔路。
c0112559_08314916.jpg
尖山埔路は高い椰子の木の並木道。
c0112559_08324009.jpg
南国らしいエキゾティックな雰囲気です。
c0112559_08331793.jpg
扇形をした町並み。一周しました。
c0112559_08335506.jpg
扇の開いた部分。カーブを描く道路に合わせてビルが建っています。
c0112559_08342718.jpg
c0112559_08350294.jpg
石畳もいい感じ。
c0112559_08353749.jpg
c0112559_08355761.jpg
c0112559_08362615.jpg
c0112559_08364044.jpg
いくつか覗いた店の中です。
c0112559_08370704.jpg
c0112559_08372464.jpg
c0112559_08374399.jpg
c0112559_08381055.jpg
c0112559_08382634.jpg


これで台北編を終わります。この翌年にも台湾をほぼ一周するツアーに参加しましたが、それはまたいずれ。次回からは北海道です。

by gipsypapa | 2017-09-08 08:39 | 建築 | Trackback | Comments(2)