2017年 09月 07日 ( 1 )

民権街三峡老街

c0112559_08192560.jpg
三峡清水祖師廟の正面に、両側に赤レンガの建物が整然と並ぶ、レトロな風情がある通りがあります。民権街三峡老街(みんけんがいさんきょうろうがい)と呼ばれている通りで、全長約200m。大正時代の建物群で、日本統治時代に完成したといわれています。

民権街は昔は三峡地方の商業の中心地でした。レンガ造りの建物のファサードには当時の商店の名前や商号などがレリーフなどで標記されていて、往時の繁栄がを偲ばれます。建物はヨーロッパ風、中華風、日本風の多様な形式が混ざり合った意匠ですが、基本的にはヨーロッパのバロック様式といえそうです。また、ほぼすべてが台湾や東南アジア独特の、「亭仔脚 (ディ. ン・ア・カ)」、つまり二階部分が一階入口の上に張り出し、一階部分を回廊のような通路にした、いわゆる軒下歩道(アーケード)。三級古跡に指定された老街です。

民権街三峡老街
大正時代
三級古跡
新北市三峡区民権街 三峽老街
撮影 : 2016.9.5
c0112559_08195643.jpg
ちょうどお昼にかかる頃。ツアーの今日の昼食はないので、名物の「金牛角麵包」(台湾風クロワッサン)を購入。
c0112559_08202678.jpg
食べながら街を散策します。
c0112559_08205578.jpg
名前の通り、牛の角の形をしています。とはいえ、クロワッサンもそうですが。↑↓はネットから借用しました。
c0112559_08212365.jpg
生地の味や、中身にもバラエティがあります。
c0112559_08215838.jpg
通りは200メートルしかないので、すぐに往復できます。この高いアングルは撮れないので、ネットの写真を借用しています。
c0112559_08230214.jpg
c0112559_08233736.jpg
c0112559_08235452.jpg
さまざまな紋章のレリーフや商号、店名が見えます。
c0112559_08241697.jpg
c0112559_08250715.jpg
これはわき道です。欧風の意匠が強いです。
c0112559_08253955.jpg
アーチの部分が亭仔脚(ディ. ン・ア・カ)です。もともとはヨーロッパ発祥のアーケードやパサージュが原型でしょう。
c0112559_08262988.jpg
もとから東南アジアにはこういう建物が多くありましたが、日本の植民地時代に道路の沿いの建物に亭仔脚を設置するよう義務づけたそうです。
c0112559_08270987.jpg
台湾の各地にある最新のビルにも、歩道がちゃんとあって、そのビル側にこ軒下歩道があるのが多かったです。
c0112559_08274361.jpg
c0112559_08280720.jpg
暑い日差しをよけたり、亜熱帯の雨よけにいいですね。
c0112559_08284011.jpg
c0112559_08290820.jpg
そういえば、日本では少ない軒下歩道ですが、東南アジアだけでなく、中近東やヨーロッパでもよく見かけました。
c0112559_08292973.jpg
この写真はネットから借用しました。


by gipsypapa | 2017-09-07 08:29 | 建築 | Trackback | Comments(2)