2017年 09月 02日 ( 1 )

黄金博物園区 黄金博物館

c0112559_08293538.jpg
ツアー最終日、再び九份の方向へ向かいました。金瓜石(きんかせき)と呼ばれる一角です。金瓜石鉱山は台湾北部の新北市瑞芳にあった金鉱山で、かつては、東北アジア第1の金山といわれ、非常に栄えたそうです。

日本統治時代の1896(明治29)年に基隆山山頂を境として一帯が東西に分けられ、東の金瓜石は田中長兵衛の田中組に、西の瑞芳は藤田伝三郎の藤田組にそれぞれ採掘権が与えられました。現在は廃鉱となっていますが、黄金博物館などが整備され、黄金博物園区という観光地になっています。

黄金博物園区
新北市瑞芳区金瓜石金光路8号
撮影 : 2016.9.6
c0112559_08300457.jpg
c0112559_08303153.jpg
これ、派出所です。レトロ風ですが、新しそう。
c0112559_08313089.jpg
c0112559_08322751.jpg
これもレトロ風の環境館。
c0112559_08330157.jpg
入りませんでしたが、金瓜石の自然環境や地質学的特徴などが説明されているとか。
c0112559_08335704.jpg
更に奥に上っていきます。
c0112559_08343687.jpg
トロッコのレールが残っています。
c0112559_08350987.jpg
レンガ造りの坑道。 見学も可能みたいですが、見ていません。
c0112559_08360404.jpg
c0112559_08375562.jpg
黄金博物館に到着しました。
c0112559_08385242.jpg
中ではポケモン禁止です。
c0112559_08400034.jpg
1階は金瓜石の金鉱脈の発見の歴史や坑道の模型、作業員の人形などが展示されています。
c0112559_08403501.jpg
これはネットにあった写真を借用しています。
c0112559_08412605.jpg
2階は金製品などの展示。
c0112559_08423571.jpg
c0112559_08425630.jpg
c0112559_08433185.jpg
220.3kgの大金塊。触って金運を高めます。


by gipsypapa | 2017-09-02 08:44 | | Trackback | Comments(2)