2017年 08月 16日 ( 1 )

国立故宮博物院

c0112559_09074541.jpg
台北観光では欠かせないスポットです。国立故宮博物院(こくりつこきゅうはくぶついん)は、中華民国の国立博物館のうちの最大のもので、ウィキペディアによると、696,000個以上の古代中国の人工品と美術品を所蔵していて、ほとんどの収集物は中国の古代の皇帝によって集められた高品質なものだそうです。

故宮博物院は清朝時代の溥儀が紫禁城などに所有していた美術品などを一般公開するために、中国本土に作られたそうです。その後、日本軍が華北地方に軍を派遣してきたため、蒋介石の国民政府が博物院の所蔵品を南方へ疎開させ、上海や南京など避難させました。

第二次世界大戦後になって、中華民国政府が共産党と内戦になったころから、第一級の所蔵品を精選して台湾に運び出したものです。したがって、元の故宮博物院の所蔵品は、今も北京と台北の2カ所に別れて展示されているそうです。

所蔵品は当初は別の場所に保管されて、一部が一般公開されましたが、1965年8月に台北の外双渓に台北新館を落成し同年11月12日に一般公開して、現在に至っています。

国立故宮博物院
1965(昭和40)年
設計 : 黃寶瑜
施工 : 不明
台北市士林区至善路2段221号
撮影 : 2016.9.4 & 2017.4.20
c0112559_09083013.jpg

次の年に別のツアーでも行ったので、2回分をまとめてアップします。1回目は昨年、2016年の9月4日の訪問。

c0112559_09092266.jpg

それまでは館内の撮影は禁止されていましたが、幸運なことに2016年9月1日~2016年12月1日の試験的な撮影許可の実施中で、この日は解禁4日目だったのです。

c0112559_09102816.jpg
c0112559_09104555.jpg

ツアーの滞在時間は1時間半。ガイドの説明をイヤホーンで聞きながら移動するので、マイペースになれず、時間が足りません。

c0112559_09115102.jpg
c0112559_09124968.jpg

途中で、これはいかんと、群れを離れましたが、やはり見切れませんでした。

c0112559_09133110.jpg

しかたなく、このときは陶磁器や書画を中心に見ました。

c0112559_09141184.jpg
c0112559_09143222.jpg
c0112559_09144970.jpg
c0112559_09150783.jpg
c0112559_09152934.jpg
c0112559_09154590.jpg
c0112559_09160155.jpg
c0112559_09161789.jpg
c0112559_09164010.jpg
c0112559_09170096.jpg
c0112559_09171388.jpg

2回目の訪問は今年、2017年の4月。昨年の試験的運用の結果がよかったので、2016年12月2日以降、館内での写真撮影、ビデオ撮影は正式に許可されるようになりました。

c0112559_09180218.jpg

前回は他の博物館に出張中だった、目玉の「翠玉白菜」が今回は帰っていました。

c0112559_09184014.jpg

撮影の腕もカメラも大したことがないので、うまく撮れていません。

c0112559_09191823.jpg

とういことで、ネットにあった写真です。全然違います。

c0112559_09205903.jpg

このツアーも1時間半の見学。

c0112559_09214340.jpg

今回は主に宝飾品のフロアーを回りました。

c0112559_09243514.jpg
c0112559_09245486.jpg
c0112559_09250904.jpg
c0112559_09252336.jpg
c0112559_09254414.jpg
c0112559_09255781.jpg
c0112559_09261035.jpg
c0112559_09263659.jpg
c0112559_09265136.jpg
c0112559_09273288.jpg
c0112559_09271781.jpg
c0112559_09274793.jpg
c0112559_09281315.jpg
c0112559_09283864.jpg
c0112559_09290282.jpg

それにしても撮影自由なのはありがたいです。日本でも、少なくとも公営の博物館や美術館はそうして欲しいです。

c0112559_09293986.jpg

ネットにある建物の全景です。


by gipsypapa | 2017-08-16 09:30 | 建築 | Trackback | Comments(6)