2017年 08月 15日 ( 1 )

国民革命忠烈祠

c0112559_09273471.jpg
二日目は、朝から忠烈祠の衛兵交代のセレモニーを見に行きました。国民革命忠烈祠(こくみんかくめいちゅうれつし)は、辛亥革命を始めとする、中華民国建国、革命、中国大陸での日中戦争などで戦没した英霊を祀る祠です。日本統治時代の台湾護国神社の跡地に1969年に創建されました。

大門をくぐると中央広場があり、その奥には中国の宮殿様式の大殿、その左右に文烈士祠、武烈士祠があります。衛兵交代のセレモニーで有名で多くの観光客で賑わっていました。陸・海・空軍から選抜された兵士が、1時間で交代する儀式が行われます。

国民革命忠烈祠
1969(昭和55)年
設計 : 姚元中
施工 : 不明
台北市中山区北安路139号
撮影 : 2016.9.4
c0112559_09281788.jpg

大門に観光客がいっぱい。

c0112559_09292986.jpg
c0112559_09295937.jpg

衛兵交代のセレモニー。

c0112559_09303694.jpg

衛兵はスリムで身長が高い人が選ばれているらしいです。

c0112559_09311646.jpg

人止めロープが移動して、観光客は後からついて行きます。

c0112559_09323311.jpg

大殿に到着。

c0112559_09332059.jpg
c0112559_09335928.jpg

大門と大殿を各2人ずつで守っています。

c0112559_09341505.jpg

交代した後、任務に就くと、まるでマネキン人形。1時間、微動だにせず、瞬きもしてないようです。

c0112559_09354926.jpg

by gipsypapa | 2017-08-15 09:36 | 建築 | Trackback | Comments(0)