2017年 07月 06日 ( 1 )

松本市の宮島医院

c0112559_08060154.jpg
青木医院のすぐ南にもう一つレトロな病院があります。松本城の東側の外堀に面し、「お医者さま通り」とも呼ばれる医院の多い通りだとか。宮島耳鼻咽喉科医院は元は神戸医院だったそうで、神戸務という産婦人科医が自家設計したこだわりの洋館で、地元の大工棟梁、佐野貞次郎が施工しました。その後、銀行の社宅や市長住宅だったこともあったようですが、戦後は宮島耳鼻咽喉科医院として使われています。木造2階建て。

宮島耳鼻咽喉科医院
旧神戸医院
1923(大正12)年
設計 : 神戸務
施工 : 佐野貞太郎
長野県松本市城東2-1-4
撮影 : 2016.7.11
c0112559_08143345.jpg
住宅兼件医院として建てられた、ヨーロッパ風のお洒落で華やかなデザインです。
c0112559_08154932.jpg
正面にペディメントのあるファサードを張り出し、両側に赤い鉄板葺きのたまねぎ屋根の八角望楼。
c0112559_08164747.jpg
c0112559_08170235.jpg
c0112559_08171800.jpg
c0112559_08173607.jpg
c0112559_08175239.jpg
本屋の屋根の両側にも換気のためでしょうか、塔屋が載る、複雑で変化に富む構成になっています。純白の外壁と赤い屋根の対比、窓回りの装飾など、細部にも凝った意匠です。

by gipsypapa | 2017-07-06 08:18 | 建築 | Trackback | Comments(2)