2017年 06月 18日 ( 1 )

別府明礬温泉 湯の花小屋

c0112559_09051935.jpg
明礬(みょうばん)温泉は、別府市街の北東にある伽藍岳(がらんだけ)中腹にあります。江戸時代から明礬(湯の花)が採取されてきたところです。温泉の地熱地帯で噴出したガス中の硫化水素や二酸化硫黄がいくつかの反応を経て、不溶性成分が析出・沈殿したものです。明礬温泉では、「湯の花小屋」と呼ばれるわらぶき小屋の中に青粘土を敷き詰め、粘土から析出し結晶化した湯の花や明礬を収穫する方法が採られています。別府明礬温泉の湯の花製造技術は、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

別府明礬温泉 湯の花小屋
大分県別府市明礬6
撮影 : 2016.3.16
c0112559_09055289.jpg
c0112559_09060776.jpg
駐車場近くの土産物、雑貨の店。「ともゑや」という看板がありました。
c0112559_09063814.jpg
c0112559_09071120.jpg
c0112559_09073462.jpg
湯の花小屋を見学。
c0112559_09081377.jpg
ガイドさんが「集合!」と言っています。
c0112559_09091847.jpg
c0112559_09093548.jpg
c0112559_09095135.jpg
c0112559_09100506.jpg
c0112559_09102658.jpg
c0112559_09104171.jpg
湯の花小屋の傍に同じ形をした“わら葺き屋根”が4棟建っています。日帰りの家族湯で1時間 2000円だとか。
c0112559_09111502.jpg
c0112559_09113304.jpg
c0112559_09115256.jpg
c0112559_09120978.jpg
c0112559_09130153.jpg
HPに内部の写真がありました。

by gipsypapa | 2017-06-18 09:13 | | Trackback | Comments(2)