2017年 06月 09日 ( 1 )

長崎の平和公園

c0112559_08501703.jpg
長崎では有名な観光地で、修学旅行でおなじみの平和公園。ツアーの昼食を取る中華料理店へ向かうときに、ここを通りました。

平和公園は1945(昭和20)年8月9日に投下された原子爆弾落下の爆心地と、その北側の丘の上とを含めた地域に、平和を祈って設けられた広い公園です。戦後、しばらくして企画され、1950(昭和25)年に長崎市立公園として、「国際平和公園」が開設されました。

平和公園
長崎市松山町9
撮影 : 2016.3.14

平和祈念像
c0112559_08492684.jpg
平和祈念像は高さ9.7メートル、重さ30トン、青銅製の像で、長崎出身の彫刻家北村西望(きたむら せいぼう)によって建てられました。鉄骨を芯にして、青銅製のパーツをステンレスのボルトで縫ってあるとか。像は神の愛と仏の慈悲を象徴としていて、天を指した右手は“原爆の脅威”を、水平に伸ばした左手は“平和”を、軽く閉じた瞼は“原爆犠牲者の冥福を祈る”という想いが込められたそうです。

平和祈念像
1955(昭和30)年
製作 : 北村西望
撮影 : 2016.3.14
c0112559_08514042.jpg
ネットに右手の人差し指には避雷針が設置されてると書いてあったので、遠景写真を切り抜いてみました。ぼやけてます。私のカメラではこれ以上は無理です。
c0112559_08520938.jpg
c0112559_08523266.jpg
「長崎の鐘」1975(昭和52)年に建立されました。
c0112559_08530394.jpg
c0112559_08532292.jpg
「平和の泉」は1969(昭和44)年に完成。

by gipsypapa | 2017-06-09 08:54 | | Trackback | Comments(2)