2017年 05月 23日 ( 1 )

坂の町 尾道

c0112559_08065499.jpg
JRの線路の北側は山です。瀬戸内を望む斜面に所狭しと家屋や蔵、古寺などが並んでいます。その中を縫うように行く筋もの坂道があり、テレビのJR西日本のCMでもおなじみの尾道の懐かしいと思わせる風景を見ることができます。一回目の訪問ではJRのガード下をくぐり千光寺新道などを散策しました。なお2回目の訪問になる今年は、もう一つ東の小路を歩きましたので、追ってアップする予定です。

尾道市東土堂町8-21付近
撮影 : 2016.3.1
c0112559_08072652.jpg
JRの線路の下をくぐって山側へ行けます。もちろん踏み切りを渡るルートもいくつかあります。
c0112559_08080646.jpg
昔からの良さが残っている千光寺新道です。
c0112559_08091095.jpg
c0112559_08094927.jpg
c0112559_08100805.jpg
横道を入るとこんなお店がいくつかあります。
c0112559_08161057.jpg
c0112559_08172229.jpg
c0112559_08114414.jpg
岩や石が多い山側の風景。
c0112559_08123644.jpg
c0112559_08130184.jpg
尾道のパンフレットでよく見るアングル。
c0112559_08134199.jpg
c0112559_08144777.jpg
関西を主体としているので、全国的にはなじみがないかも知れませんが、JR西日本は尾道を含む広島県や金沢、九州の旅をテーマにしたCDをやっています。坂道に立つこの蔵は、テレビのCMにチラッと出てきます。

c0112559_08175963.jpg
高台から新尾道大橋が見えます。しまなみ海道の北の始点近くに架かり、向島(むかいしま)をつないでいます。
c0112559_08183123.jpg
「ブラタモリ」によると、海側は埋立地で江戸時代に発展しましたが、山側に住宅が建ち始めたのは、国鉄の線路が敷かれた明治中期以降だそうです。

by gipsypapa | 2017-05-23 08:18 | | Trackback | Comments(2)