2017年 05月 01日 ( 1 )

JR尾道駅

c0112559_08204572.jpg
坂の町、尾道に2年連続して行きました。大阪から近い観光地としてJR西日本がテレビでPRしていて、行ってみたかった町です。その玄関口はJR尾道駅。南口の駅舎はコンクリート造りで尾道市の玄関口となっています。現在の南口は1928年(昭和3年)にもともとの木造駅舎を改築したもので、同時に、現在の地下道を新設しました。鉄筋コンクリート造り、平屋建て。

このときはまったく知りませんでした。「尾道市の顔とも言える尾道駅舎が、2017年05月15日に営業を終了しました。15日未明より切り替え作業が始まり、始発列車までには自動改札機等の移設も無事終了しました。」写真を撮った3ヵ月後に仮駅舎に移ったとか。建て替えだそうです。むむむ・・・(2017.5.22)

JR尾道駅舎
1930(昭和5)年
設計 : 鉄道省施設部
施工 : 不明
広島県尾道市東御所町1-1
撮影 : 2016.3.1 & 2017.2.14
c0112559_08214528.jpg
明治・大正期の尾道駅の写真がウィキペディアにありました。
c0112559_08221569.jpg
c0112559_08222967.jpg
ちなみに新幹線に新尾道駅がありますが、町の中心から離れた東の山側にあります。
c0112559_08241596.jpg
赤い屋根が印象的。
c0112559_08250683.jpg
c0112559_08251953.jpg
ホームや天蓋は昔の様子をとどめています。
c0112559_08255132.jpg
c0112559_08260878.jpg
ちなみに初代の駅舎ができたのは、1891年(明治24)年です。
c0112559_08264043.jpg
c0112559_08272116.jpg
ホームに止まっていた観光列車「La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)」。毎週金曜日に岡山~尾道駅間を運行しているそうです。この日は火曜日で待機中だったようです。
c0112559_08320826.jpg
座席は2列で、片側は窓を向いたカウンター形式ですね。ただ、カウンター席に座って、尾道から岡山に向かうと、海ではなく山側を正面に見ることになるので、何か変ですが・・・・
c0112559_08331058.jpg
最初の数枚の写真の背景に見える山の上の城が気になりませんでしたか?私も去年から気づいていたので、今年行く前に観光案内を検索しましたが、観光スポットにはまったく出てきませんでした。ということは歴史的建造物ではないわけです。
c0112559_08340817.jpg
ウィキペディアにある写真です。実は今は廃墟となっている城なのでした。1964年に『全国城の博物館 尾道城』として建てられたものだとか。ウィキペディアによると「近世の城の天守を模した建築物であり、歴史的な価値は無いが、外観は城であるためにその呼び名がある。1990年代に閉鎖。その後は廃墟化している。尾道市ではこの建築物の今後の利用法に関して議論をしているが、結論は出ていない。」むむむ、なんという無駄遣い。
by gipsypapa | 2017-05-01 08:34 | 建築 | Trackback | Comments(2)