2017年 04月 06日 ( 1 )

井持浦教会とルルド

c0112559_08172200.jpg
五島列島司牧の責任者ペルー神父の指導により1897(明治30)年に建てられた井持浦(いもちうら)教会の旧教会堂はロマネスク風教会として知られていましたが、1987(昭和62)年の台風による甚大な被害を受け、取り壊されました。現在の会堂はその翌年に新しく建立されたものです。レンガ造り、平屋建て。

カトリック井持浦教会
教会堂 : 1989(昭和63)年
ルルド : 1897(明治30)年
設計・施工 : 不明
長崎県五島市玉之浦町玉之浦1243
撮影 : 2015.11.3
c0112559_08181809.jpg
c0112559_08183596.jpg
c0112559_08184902.jpg
c0112559_08190550.jpg
教会堂は新しくなりましたが、敷地にあるルルドの洞窟は昔のままです。教会建築から2年後の明治32(1899)年、ペルー師はこの地に聖母出現の地フランスのルルドを模した洞窟を創設することを信徒に呼びかけました。
c0112559_08193710.jpg
1858年にフランスのルルドで聖母がベルナデッタという少女の前に姿を現し、そこに数々の難病を治す奇跡の泉が湧き出た、という有名なルルドの泉の話です。
c0112559_08200473.jpg
ペルー師の指導のもと、五島の各地から石や珍しい岩石が集められ、教会脇にルルドが造られたそうです。
c0112559_08203587.jpg
c0112559_08205094.jpg
c0112559_08210535.jpg
c0112559_08214117.jpg
以下の内部の写真はネットから借用しました。
c0112559_08222446.jpg
c0112559_08224027.jpg
c0112559_08225774.jpg
c0112559_08231548.jpg

by gipsypapa | 2017-04-06 08:23 | 建築 | Trackback | Comments(2)