2017年 04月 05日 ( 1 )

大瀬崎灯台展望所

c0112559_08390024.jpg
二日目は下五島を観光スポットやお目当ての教会を訪ねながら北上しました。大瀬崎灯台展望所は「九州本土で最後に夕陽が沈むところ」、九州本土最西端に位置し、東シナ海に面しています。ここには展望台と展望デッキがあり、美しい海を眼下に望むことができます。
c0112559_08393431.jpg
大瀬埼灯台
c0112559_08404381.jpg
大瀬崎の断崖に建てられた灯台です。『日本の灯台50選』の一つになっています。断崖の標高80m地点に岩石を切り落として基盤として建てられています。現在は灯塔がコンクリート造りに建替えられていますが、元の灯塔は明治初期にR・プラトンが設計したといわれています。

大瀬埼灯台
1879(明治12)年 / 1961(昭和46)年灯塔建替(コンクリート造)
設計 : R・プラトン(旧灯台)
施工 : 不明長崎県五島市玉之浦町玉之浦
撮影 : 2015.11.3
c0112559_08412932.jpg
c0112559_08415845.jpg
c0112559_08421381.jpg
c0112559_08422763.jpg
c0112559_08424538.jpg

by gipsypapa | 2017-04-05 08:42 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)