2017年 02月 24日 ( 1 )

倉吉のぎゃらりい和(やわらぎ)

c0112559_08191889.jpg
旧日本産業貯蓄銀行倉吉支店として、昭和初期に建てられた倉吉初の鉄筋コンクリート造りの本格的な西洋建築です。間口が狭い2階建てですが、古典主義の重厚さを残しながら簡略化して、当時流行のセセションスタイルを取り入れています。

旧日本産業貯蓄銀行という名前はなじみがありませんが、本社は山陰地方にあったローカルな銀行だったとか。この倉吉支店は昭和6年に建設されましたが、わずか2年後の昭和8年には銀行が破産したそうです。幸いこの建物は取り壊されることはなく、町の集会所、日本生命の所有を経て今の「ぎゃらりい和(やわらぎ)」になりました。

型染めの暖簾(のれん)やテーブルクロス、ストール、クッションなどの草木染と雑貨を販売している店舗で、喫茶コーナーもあるそうです。鉄筋コンクリート造り、2階建て。

ぎゃらりい和
旧日本産業貯蓄銀行倉吉支店
1931(昭和6)年
設計・施工 : 不明
鳥取県倉吉市東仲町2577
撮影 : 2015.4.29
c0112559_08200009.jpg
c0112559_08201862.jpg
c0112559_08203437.jpg
c0112559_08205381.jpg
c0112559_08210974.jpg
c0112559_08212303.jpg
内部はあまり銀行を感じさせませんが、玄関を入った一角はそれらしく吹き抜けです。
c0112559_08220120.jpg
c0112559_08221997.jpg
ネットにあった写真。上部に☆印のロゴがあり、一階、二階ともに2本のピラスター(付け柱)と小ぶりなわりに装飾が多い建物でした。

仲町公民館
c0112559_08241354.jpg
東隣にある2階建てには東仲町公民館という表札があります。和風ですが、これも古そう。

東仲町公民館
詳細 : 不明
倉吉市東仲町2575
撮影 : 2015.4.29
c0112559_08254598.jpg

by gipsypapa | 2017-02-24 08:25 | 建築 | Trackback | Comments(2)