2017年 01月 30日 ( 1 )

橋本亭

c0112559_8453870.jpg
橋本亭は河鹿荘から瀧道をさらに北に上った、一の橋のたもとにあります。明治43年に建てられた旅館でした。後継者難や建物の老朽化のため長く閉鎖されていましたが、2004(平成16)年に、街づくり活動の拠点としてリニューアルされ、一旦は店舗やギャラリー、大小貸室などで使われていました。

しかしながら、運営している「箕面FMまちそだて株式会社」のHPによれば、昨年2016(平成28)年5月に裏山の土砂災害が発生し、その対策工事や裏山と建物の状況調査のため、再び休業中です。趣のある貴重な建物なので早く再開できるよう祈ります。木造3階建て。

橋本亭
1910(明治43)年
設計・施工 : 不明
箕面市箕面2-5-37
撮影 : 2016.10.11 & 2017.1.16
c0112559_8464420.jpg
最初の写真は今年。2枚目からは昨年10月のものです。貴重な木造3階建て。
c0112559_848466.jpg
リノベーションのときに塗り替えられた、黒い外壁がシックです。
c0112559_8491898.jpg
c0112559_8493094.jpg
↓ は再び今年の画像。
c0112559_8505699.jpg
1987(昭和62)年以前は市街地において木造3階建ての建築は禁止されていました。現在でも木造建築の3階建ては、建築基準法上の規制が厳しく簡単には建てられないのです。
c0112559_8514114.jpg
c0112559_8515657.jpg
c0112559_8521013.jpg
休業中なのでフェンスに囲まれています。確かに裏の崖が覆いかぶさるように迫っていますね。崖の補強工事も簡単ではないでしょう。
by gipsypapa | 2017-01-30 08:55 | 建築 | Trackback | Comments(2)