2015年 02月 03日 ( 1 )

求道会館

c0112559_1111543.jpg
 関東では数少ない武田五一設計の近代建築があります。求道会館は浄土真宗の僧侶でヨーロッパ留学経験もある近角常観(ちかずみじょうかん)が説法の場として建設したものです。

 どちらかというとキリスト教の教会かとも見える煉瓦造りの重厚な外観。正面2階の5連アーチ窓や玄関の石の円柱など、洋風の意匠です。

 この日は閉まっていて中は見ることができませんでしたが、正面に本尊が安置されている六角堂があり、その手前に演壇があるとか。なお毎月第四土曜日の限られた時間帯のみ見学ができるそうです。東京都指定有形文化財の煉瓦造り、一部鉄筋コンクリート造り、2階建て。

求道会館
1915(大正4)年
東京都指定有形文化財
設計 : 武田五一
施工 : 戸田利兵衛(戸田組)
文京区本郷6-20-5
撮影 : 2014.7.30
c0112559_11115534.jpg
c0112559_1112680.jpg
c0112559_11121690.jpg
c0112559_11122934.jpg
c0112559_11124034.jpg
c0112559_11125046.jpg
c0112559_1113046.jpg
 ↓ の2枚の内部写真は「建築マップ」のHPから借用しました。
c0112559_11141186.jpg
c0112559_11142211.jpg
 こちらは「ケンチク者」というブログから借用しました。
c0112559_1115736.jpgc0112559_11151840.jpg










c0112559_1115435.jpgc0112559_11155629.jpg
by gipsypapa | 2015-02-03 11:17 | 建築 | Trackback | Comments(0)