2012年 06月 28日 ( 1 )

北海道開拓の村 旧青山家漁家住宅

c0112559_130538.jpg
 青山家は、安政6年(1859)山形県から渡道し、小樽沿岸を中心に鰊建網などを経営した漁家である。建網経営には番屋をはじめ網倉、船倉のほか海産干場、船入澗など多くの施設、設備を必要とした。鰊漁場の建物が、このように集約的に保存されているところは少なく、貴重な遺構の一つである。

北海道開拓の村 旧青山家漁家住宅
1919(大正8)年
設計・施工 : 不明
旧住所 : 小樽市
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 漁村群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_1314252.jpg
c0112559_1315098.jpg
c0112559_131586.jpg
c0112559_132557.jpg
c0112559_1321160.jpg
c0112559_1321843.jpg
c0112559_1322530.jpg
c0112559_1323319.jpg
c0112559_1322625.jpg
c0112559_1324023.jpg
c0112559_133757.jpg
c0112559_1331572.jpg
c0112559_133235.jpg
c0112559_13331100.jpg
c0112559_133392.jpg
c0112559_1334696.jpg
c0112559_1335480.jpg
c0112559_134486.jpg
c0112559_1341382.jpg
c0112559_134622.jpg
c0112559_1341729.jpg
 小樽編で紹介したにしん御殿小樽貴賓館は青山家の別邸で、こちらは本邸。祝津のにしん漁の三大網元といわれた青山家、白鳥家茨木家の一つがここに移設されているわけです。
by gipsypapa | 2012-06-28 13:18 | 建築 | Trackback | Comments(4)