2012年 05月 29日 ( 1 )

北海道開拓の村 旧浦河支庁庁舎

c0112559_1254215.jpg
 明治30年(1897)、北海道庁が郡区役所を廃止し支庁制度を設けた結果、浦河支庁が置かれた。この建物は、大正8年(1919)に地元の浦河村および道庁の費用で建築され、昭和7年(1932)日高支庁と改称。昭和31年(1956)浦河町に払い下げられた後は、堺町会館や博物館として利用されていた。

北海道開拓の村 旧浦河支庁庁舎
1919(大正8)年
設計 : 家田於菟之助(北海道庁)
施工 : 藤原常三郎
旧住所 : 浦河郡浦河町
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 市街地群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_1255114.jpg
c0112559_125505.jpg
c0112559_12551588.jpg
c0112559_12551453.jpg
c0112559_12552889.jpg
c0112559_12553690.jpg
c0112559_12554373.jpg
c0112559_12555117.jpg
c0112559_12555784.jpg
c0112559_125655.jpg
c0112559_12561315.jpg
c0112559_12561337.jpg
c0112559_12562954.jpg
c0112559_12563619.jpg
c0112559_12564526.jpg

by gipsypapa | 2012-05-29 12:57 | 建築 | Trackback | Comments(2)