2010年 01月 29日 ( 1 )

旧三菱第二ドックハウス

c0112559_1342633.jpg
 南山手のグラバー園(入園料、大人600円)には明治時代の居留地時代から現存する市内各所の洋館が移築され、復元して展示されています。旧三菱第二ドックハウスはグラバー園の北側の門から入った敷地最上部にある建物。元は三菱の長崎造船所(飽の浦町)の第二ドック傍にあり、外国の修繕船がドック入りしたときの船員達や外国人検査官の宿舎として使われていました。

 長崎でよく見る2階建のベランダ(バルコニー)を持つコロニアル風。2階から眼下に長崎港、対岸の稲佐山を望む眺めは絶景です。木造2階建て。

旧三菱第二ドックハウス
1896(明治29)年
設計・施工 : 不明
長崎市南山手町8-1(グラバー園内)
撮影 : 2009.5.18
c0112559_136566.jpg
c0112559_1362768.jpg
c0112559_1364538.jpg
c0112559_1371340.jpg
c0112559_1374553.jpg
c0112559_1381923.jpgc0112559_1384712.jpg
























c0112559_1391679.jpg
c0112559_1393831.jpg
c0112559_1395863.jpg
c0112559_13102954.jpg
c0112559_13105482.jpg
c0112559_13112439.jpg
c0112559_13114942.jpg
c0112559_13122225.jpg
c0112559_13125284.jpg
c0112559_13173579.jpg
c0112559_13154270.jpg














c0112559_13181548.jpg
c0112559_13184336.jpg
c0112559_1319966.jpg
c0112559_13193713.jpg
 2階のバルコニーからの眺め。湾の向こうに見えるのは三菱重工の長崎造船所。この建物が昔建っていたところです。
c0112559_13211351.jpg

by gipsypapa | 2010-01-29 13:29 | 建築 | Trackback | Comments(4)