2010年 01月 19日 ( 1 )

長崎市旧居留地私学歴史資料館(東山手十二番館)

c0112559_10593755.jpg
 オランダ坂をさらに上ると東山手十二番館。明治元年(1868)ごろに建てられ、東山手居留地の中では最も古い洋館です。当初はロシア領事館、後にアメリカ領事館、メソジスト派の宣教師住宅を経て、昭和16年(1941)に学校法人活水学院に譲渡され、教室としても使われましたが、昭和51年(1976)に長崎市に寄贈されました。現在は長崎市の旧居留地私学歴史資料館として公開されています。

 日本の洋風建築の初期の形を代表する、純白の下見板貼りの瀟洒な洋館で、明治元年築とは思えないほど、良好な保存がされていました。国の重要文化財指定の木造平屋建て。

長崎市旧居留地私学歴史資料館
東山手十二番館 1868(明治元)年ころ
重要文化財
設計・施工 : 不明
長崎市東山手町3-7
撮影 : 2009.5.18
c0112559_111691.jpg
c0112559_11131100.jpg
c0112559_1115952.jpg
c0112559_1123512.jpg
c0112559_1131421.jpg
 幅の広いベランダが周囲を取り巻いています。
c0112559_11428.jpg
 特徴のあるベランダの柱上部を飾る持送り。
c0112559_115531.jpg
c0112559_1154874.jpg
 広い中央の廊下と一枚板を使った長椅子。
c0112559_1174417.jpg
c0112559_1181167.jpg
c0112559_1184772.jpg
c0112559_1191365.jpg
c0112559_1194483.jpg
c0112559_11101896.jpg
c0112559_11111493.jpg
 ゆったりした間取りの部屋が3つ。
c0112559_1112406.jpg
c0112559_11132565.jpg
 裏側(オランダ坂の反対海側)からも敷地に入ることができます。
by gipsypapa | 2010-01-19 11:17 | 建築 | Trackback | Comments(2)