2010年 01月 12日 ( 1 )

長崎のカトリック中町教会天主堂

c0112559_11163793.jpg
フランス人の寄付によって明治中期に建てられた教会。原爆の被害で壊れましたが、戦後に修復、再建されました。外観は白を強調し、尖塔を持つ、鉄筋コンクリート造り、平屋(2層)建て。

カトリック中町教会天主堂
1896(明治29)年/1951(昭和26)年再建
設計 : パピノー神父
施工 : 川原正治
長崎市中町1-13
撮影 : 2009.5.17
c0112559_11203953.jpg
 ネットにあった原爆後の中町天主堂。周囲は悲惨な状況ですが、尖塔は残っています。
c0112559_11215517.jpg
c0112559_11221698.jpg
c0112559_11223969.jpg
c0112559_1123189.jpg
c0112559_11232120.jpg
c0112559_11234236.jpg
c0112559_1124278.jpg
c0112559_1124217.jpg
c0112559_11244523.jpg
c0112559_1125761.jpg

by gipsypapa | 2010-01-12 11:26 | 建築 | Trackback(4) | Comments(3)