2009年 12月 29日 ( 1 )

出島資料館本館(旧出島神学校)

c0112559_1048581.jpg
 明治初期に建てられた、現存するわが国最古のキリスト教(日本聖公会)の神学校。元々、1875(明治8)年に建てられた出島教会がこの位置にあり、数年後に隣接してこの出島神学校が建てられました。後に東側に宣教師宿舎を増築して、ほぼ今の姿になり、その後、増築や模様替えがなされ、明治末から病院として使われていたそうです。現在は長崎市が管理し、1977(昭和52)年から3年がかりで半解体・修理復元工事を行い、出島史料館として保存活用されています。

 面と裏側に幅広のベランダを持つ横長の建物で、左右両側に直交する切妻。その片側には塔屋を持つ、明治らしい美しい建物です。木造2階建て。

出島資料館本館
旧出島神学校 1877(明治10)年
設計 : モンドレル(施主)
施工 : 不明
長崎市出島町9
撮影 : 2009.5.17
c0112559_1049459.jpg
c0112559_10491326.jpg
c0112559_10492255.jpg
c0112559_10493285.jpg
c0112559_1049396.jpg
c0112559_10494912.jpg
c0112559_10495771.jpg
c0112559_1050688.jpg
c0112559_10501916.jpg
c0112559_10503249.jpg
c0112559_10504273.jpg
c0112559_10505893.jpg
c0112559_1051810.jpg
c0112559_10511962.jpg
c0112559_10512814.jpg
c0112559_10513934.jpg
c0112559_10524195.jpg

by gipsypapa | 2009-12-29 10:53 | 建築 | Trackback | Comments(2)