2009年 12月 28日 ( 1 )

旧長崎内外クラブ

c0112559_10313327.jpg
 復元建築の多い出島の中で、この建物は昔から現在の位置に建っている明治の英国式洋風建築。とはいえ、老朽化のための大規模な補修が行われています。

 旧内外クラブは、明治36年にイギリス人のフレデリック・リンガー(トーマス・B・グラバーのグラバー商会社員で、後にホーム・リンガー商会を設立)が建てた、出島最後の外国人所有の建物。長崎に暮らす外国人と日本人との親交の場として利用され「長崎内外倶楽部」といわれました。現在は史料館のひとつとして居留地時代の建物に関する展示するとともに休憩施設として無料開放されています。和瓦葺き、下見板貼りの木造2階建て。

旧長崎内外クラブ 1903(明治36)年
設計・施工 : 不明
長崎市出島町9
撮影 : 2009.5.17
c0112559_10322519.jpg
c0112559_10323367.jpg
c0112559_10324099.jpg
c0112559_10324859.jpg
c0112559_1033541.jpg
c0112559_10331559.jpg
c0112559_10332343.jpg
c0112559_10333836.jpg
c0112559_10334848.jpg
c0112559_10335871.jpg
c0112559_10341225.jpg
c0112559_10342383.jpg
c0112559_10343331.jpg
c0112559_10344590.jpg
c0112559_1034546.jpg
c0112559_1035456.jpg
c0112559_10351645.jpg
 内部は見どころが多いのですが、個人的に最も気に入った名刺を入れる棚。当時の手書きの名刺が残されていました。

c0112559_10361786.jpgc0112559_10363122.jpg














c0112559_10365682.jpgc0112559_10371757.jpg
























 細部の建具も昔のもの。
c0112559_10375514.jpg

by gipsypapa | 2009-12-28 10:41 | 建築 | Trackback | Comments(2)