2008年 10月 24日 ( 1 )

ヨドコウ迎賓館

c0112559_1342279.jpg
 れも2年以上前の写真です。芦屋川沿いの小高い丘、緑の中に建つモダンで瀟洒な住宅。有名なフランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright)の設計した貴重な作品、旧山邑(やまむら)邸です。

 この建物は、ライトが1915(大正4)年から旧帝国ホテル設計のために来日していた時に、櫻正宗で知られる灘の酒造家・山邑太左衛門の別邸として設計されたものです。彼自身は1922(大正11)年に帰国しましたが、 弟子の遠藤新や南信らに引き継がれ完成しました。戦後すぐに淀川製鋼所がこの建物を購入。社長邸のあと独身寮として使用していましたが、現在はヨドコウ迎賓館として一般公開されています。

 訪れたころはライト作品に思い入れが強くなかった(というかあまり知らなかった)のと、受付まで行って、有料なのに館内の写真撮影が禁止されていると聞き、短気を起して中を見ずに帰ってしまいました。そのあと東京で自由学園明日館を見て、ライト建築の造形美の素晴らしさを体験。今になって、よく見なかったのを後悔しています。重要文化財の鉄筋コンクリート造4階建。

ヨドコウ迎賓館
旧山邑家住宅
1924(大正13)年
重要文化財
設計 : F.L.ライト+遠藤新+南信
施工 : 女良工務店
芦屋市山手町3-10
撮影 : 2006.5.6
c0112559_13431253.jpg
c0112559_13433388.jpg
c0112559_1343467.jpg
c0112559_13435561.jpg
c0112559_1344333.jpg
 この直線で構成された独特のフォルムは巨匠ライトの特徴がよく出ています。日本ではまだまだ古典主義が多かった大正時代に、このようなモダンなデザイン。さすがです。
c0112559_134543100.jpg
 このように芦屋の森の高台に建っています。外観もそうですが、自由学園明日館の例からすれば、内装も美しいはず。またいつかは再訪するつもりですが、いつになるかわからないので、とりあえず少ない写真をアップすることにしました。
by gipsypapa | 2008-10-24 13:48 | 建築 | Trackback | Comments(6)