2008年 10月 07日 ( 1 )

門司の旧サッポロビール醸造棟

c0112559_1337452.jpg
c0112559_1338614.jpg JRで門司港駅から門司駅へ移動。駅の北側に大正時代の大規模な煉瓦造りのビール工場施設群が残っています。

 今はサッポロビールとなった帝国麦酒は西日本最古の麦酒工場を大正2年に操業開始。その後は「桜麦酒」「大日本麦酒」「日本麦酒」「サッポロビール」と名称を変えて西日本の拠点工場として操業を続けましたが、1996(平成8)年に大分県日田市への移転。工場や管理棟などを観光施設「門司赤煉瓦プレイス」として利用しています。

 「門司赤煉瓦プレイス」には4棟の建物がありますが、まずは最も大きい醸造棟から。2階、3階、4階、7階とビール製造過程に沿った高さの違う建物が複雑に組み合わされ、西側に切妻屋根をもつ2階建の建物があります。外部は赤レンガ、イギリス積みの化粧積ですが、内部は鉱滓レンガ積みとなっています。中はほんの一部しか見ることができませんでしたが、九州では他にこれほどの大規模な煉瓦建築はなく、貴重な近代化遺産です。

 ドイツ・ゲルマニア社の図面を参考にして福岡工業学校卒業生である林栄次郎が実施設計した建物です。レンガ造りの国登録有形文化財。
旧サッポロビール醸造棟
旧帝国麦酒門司工場醸造棟 1913(大正2)年
登録有形文化財
設計 : 林栄次郎+ゲルマニア社
施工 : 不明
北九州市門司区大里本町3-6-1
撮影 : 2008.5.3
c0112559_13393520.jpg
c0112559_13395425.jpg
 門司駅側から南東面を。昔は何箇所か別の建物が隣接していたようで、変色した「妻」の跡が見えます。
c0112559_13404946.jpg
c0112559_1341975.jpg
c0112559_13412778.jpg
 裏側の北西面を見ると、階層の違う様子がよくわかります。古くなった煉瓦の色がいい感じ。
c0112559_13414399.jpg
c0112559_1343837.jpg
c0112559_13431975.jpg
 こちらは北東端の2階建て部分。ここの1階に小さなカフェがあったのでもちろん中へ。
c0112559_13441832.jpg
c0112559_13443410.jpg
c0112559_13444791.jpg
c0112559_13451043.jpg
c0112559_13452440.jpg
 内部は鉱滓レンガを使っています。天井にはターンテーブル。工場だったころの機械が残っていました。
c0112559_1346968.jpg
c0112559_13462211.jpg
c0112559_13463469.jpg
 飲んだのはもちろんサッポロビール。
c0112559_1347453.jpg
c0112559_13471311.jpg
 北東のコの字が凹んだ部分にはオープンカフェもあります。
by gipsypapa | 2008-10-07 13:55 | 建築 | Trackback(1) | Comments(4)