ヨドコウ迎賓館

c0112559_1342279.jpg
 れも2年以上前の写真です。芦屋川沿いの小高い丘、緑の中に建つモダンで瀟洒な住宅。有名なフランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright)の設計した貴重な作品、旧山邑(やまむら)邸です。

 この建物は、ライトが1915(大正4)年から旧帝国ホテル設計のために来日していた時に、櫻正宗で知られる灘の酒造家・山邑太左衛門の別邸として設計されたものです。彼自身は1922(大正11)年に帰国しましたが、 弟子の遠藤新や南信らに引き継がれ完成しました。戦後すぐに淀川製鋼所がこの建物を購入。社長邸のあと独身寮として使用していましたが、現在はヨドコウ迎賓館として一般公開されています。

 訪れたころはライト作品に思い入れが強くなかった(というかあまり知らなかった)のと、受付まで行って、有料なのに館内の写真撮影が禁止されていると聞き、短気を起して中を見ずに帰ってしまいました。そのあと東京で自由学園明日館を見て、ライト建築の造形美の素晴らしさを体験。今になって、よく見なかったのを後悔しています。重要文化財の鉄筋コンクリート造4階建。

ヨドコウ迎賓館
旧山邑家住宅
1924(大正13)年
重要文化財
設計 : F.L.ライト+遠藤新+南信
施工 : 女良工務店
芦屋市山手町3-10
撮影 : 2006.5.6
c0112559_13431253.jpg
c0112559_13433388.jpg
c0112559_1343467.jpg
c0112559_13435561.jpg
c0112559_1344333.jpg
 この直線で構成された独特のフォルムは巨匠ライトの特徴がよく出ています。日本ではまだまだ古典主義が多かった大正時代に、このようなモダンなデザイン。さすがです。
c0112559_134543100.jpg
 このように芦屋の森の高台に建っています。外観もそうですが、自由学園明日館の例からすれば、内装も美しいはず。またいつかは再訪するつもりですが、いつになるかわからないので、とりあえず少ない写真をアップすることにしました。
by gipsypapa | 2008-10-24 13:48 | 建築 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/9994090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sy-f_ha-ys at 2008-10-24 23:23
この建物へは、震災の翌々年と数年前に二度訪ねました。
自由学園のイメージが強いせいか、和室があったのが意外な感じがしましたね。
愛弟子である遠藤新さんの存在もあったのでしょうが、和と融合していても違和感を感じないライト建築の奥深さを思い知らされた芦屋の建物です。
自由学園に対し、こちらは内部撮影を固くなに断っていますが、何か訳があるんですかね・・・・?
Commented by gipsypapa at 2008-10-25 17:05
sy-f_ha-ys さん、美術品か何かを展示しているのだったら、分からなくもありませんがねぇ。
しかしロイドといえば、東京駒場の電通八星苑 (旧林愛作邸)は門にすら近づけないと、ネットで見たことがあります。
まあ、こちらは非公開なので、持主の好きなようにしたらいいと思いますが、
ヨドコー迎賓館は少なくとも入館料を取るわけですから、納得がいかないです。
それに比べて彼の最高傑作といわれるアメリカ・ペンシルバニア州の「落水荘」カウフマン邸は
YouTube でたくさん内部が公開されています。 ↓ はほんの1例ですが素晴らしい。
http://jp.youtube.com/watch?v=Tqsk4WARk2I
この辺は日本とアメリカの違いかなと、余計なことを考えてしまいます。
Commented by べーさん at 2008-10-26 22:51 x
言わずと知れたライトの名建築ですね。
芦屋の山手は本当にすごいです。
このヨドコウよりさらに山手にある上芦屋の発掘現場に行ってたのですが、周りのお屋敷がすごいです。なんか正倉院みたいな校倉造の蔵がある屋敷があったり…。リンク先の洋館も上芦屋のお屋敷です。すれ違う車も外車ばかり。
六麓荘はもっと凄く、アパートくらいの大きさの個人住宅があちこちに。ここの発掘現場で本物のお嬢様に会いました(しかも美人)
六麓荘にも少しですが、戦前の洋館がありますよ。
Commented by gipsypapa at 2008-10-27 13:17
べーさん、
ここに行った時に少しですが芦屋の山手を散策しました。
洋館の大邸宅ばかりですね。
震災のせいか新しいのが多いようでしたが、べーさんのリンク先の
住宅は確かに大正か昭和初期でしょうね。
新しく見えても、後で調べたら古かったり、その逆だったりします。
個人住宅は情報が少ないので、多くのものを知らずに見逃していることでしょう。
六麓荘にもたくさんの大邸宅があったようですが、由来のはっきりしている、
古い建物はあまりないようですね。
Commented by うくれれA at 2015-01-29 23:10 x
かなり昔の記事に失礼します。迎賓館ですが、現在は撮影解禁されていますよ。2013年に訪ねましたが、係りの方に確認してOKでした。
内部はいい意味で突込みどころが満載で素晴らしかったです。屋上にも上がれて景色も良かったですよ。
Commented by gipsypapa at 2015-01-30 08:11
うくれれA さん、
情報、ありがとうございます。
芦屋は他にも見ちゃい住宅建築があるので
季節がよくなったら
もう一度行ってみようかな。
<< 灘中学校・高等学校本館 滴翠美術館 >>