門司の赤煉瓦物産館

c0112559_2129869.jpg
 「門司赤煉瓦プレイス」の醸造棟の北東にある平屋建ての小さな煉瓦造りは、組合棟だったもの。醸造棟(工場)と次に紹介する事務所棟(管理)の間に組合の建物があったわけですね。麦芽を使ったお菓子など土産物の販売とビールも飲めるようになっています。この建物もドイツ・ゲルマニア社の図面を参考にして林栄次郎が実施設計しました。切妻を持った登録有形文化財の煉瓦造り平屋建。

赤煉瓦物産館
旧帝国麦酒醸造組合棟 1917(大正6)年
登録有形文化財
設計 : 林栄次郎+ゲルマニア社
施工 : 不明
北九州市門司区大里本町3-6-1
撮影 : 2008.5.3
c0112559_21315638.jpg
c0112559_213276.jpg
c0112559_2132189.jpg
c0112559_21322979.jpg
c0112559_21324063.jpg
c0112559_21342635.jpg

by gipsypapa | 2008-10-08 21:34 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/9886755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-10-09 03:38
前回に引き続き、この建物も重厚でいいですね。
要塞みたいです。
建物の補強も年季が入ってますね。
現役で利用されているのがうれしいです。
いつか、訪れてみたいですね。
カメラ小僧心を刺激します。
Commented by gipsypapa at 2008-10-09 16:26
j-garden-hirasato さん、
見どころは多いし、ビールが飲めるのもよいです。
あと2棟ありますのでどうぞ。
Commented by べーさん at 2008-10-14 07:51 x
赤レンガ好きとしては見ておきたかった物件ですね・・・
ビールも飲みたいw
Commented by gipsypapa at 2008-10-14 15:08
べーさん、一度はビールを飲みに行ってください。
赤煉瓦なら妻木頼黄設計の愛知県の半田赤レンガ建物(旧加富登麦酒工場)もなかなかです。
多くの建物が順番待ちになっていますので、アップまで時間がかかりますが、
いつかはアップします。

<< 門司麦酒煉瓦館 門司の旧サッポロビール醸造棟 >>