サムシング・フォー(Something4)

c0112559_15193920.jpg
 すでに撤去されているとは知らずに明治屋を探していて、国道3号線の鎮西橋交差点で見つけたアンティークの店、「Something4」(サムシング・フォー)。昭和二十年代建築のタイル貼りの古い商店です。

サムシング・フォー(Something4)
1950年(昭和25)年ころ
設計・施工 : 不明
北九州市門司区港町3-26
撮影 : 2008.5.3
c0112559_15204571.jpg
c0112559_15205344.jpg
c0112559_1521230.jpg
 この写真の向こう側に明治屋があるはずでした。

 これで門司港周辺を終わり、JRで門司に移動します。
by gipsypapa | 2008-10-06 15:22 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/9870006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-10-07 06:03
現役なのがいいですね。
このままずっと、
この寂れ具合、保ってほしいです。
お店の内容もいいですね。
建物と合ってます。
Commented by gipsypapa at 2008-10-07 13:36
j-garden-hirasato さん、
上手に使われています。
全国にこのような看板建築というか、古い商店がありますが、
築年などのデータがないのが玉にキズです。
<< 旧サッポロビール醸造棟 旧三井物産社宅 >>