旧岩田商店(岩田家住宅)

c0112559_10155749.jpg
 関門連絡船の船着き場でもらった門司レトロ地図に出ていたので、訪ねてみました。国道2号東本町2丁目交差点の北西角にあり、予想通りの黒壁の和風建築でしたが、よく見ると北と西の壁に煉瓦の防火壁があり、なかなか珍しい建物でした。酒蔵と住宅が併用されています。北九州市指定有形文化財の木造2階建て、片入母屋造桟瓦葺き、鼠漆喰仕上げ居蔵造。

旧岩田商店(岩田家住宅)1921(大正10)年
北九州市指定有形文化財
設計・施工 : 石田要三・外部千松(大工)
北九州市門司区東本町2-6-24
撮影 : 2008.5.2
c0112559_10172035.jpg
 レトロな「富の寿」の看板の下には「岩田酒店」と書いてあります。ちなみに「富の寿」は福岡(久留米)の酒です。
c0112559_10181371.jpg
 軒下の看板は「岩田商店」。どっちでもいいのですけど。
c0112559_1019730.jpg
 1枚目の写真の方向から近づいたので、ただの古い和風建築かと思っていたのですが、西の端に洋風のモルタルの柱が・・・
c0112559_1020545.jpg
 西側に和風建築には珍しい煉瓦の防火壁。上部がトタンで隠れていますが、ここも煉瓦でしょう。
c0112559_10213875.jpg
 東側の住宅を見ながら北側に行くと・・・
c0112559_10223137.jpg
c0112559_10224496.jpg
 こちらも煉瓦塀。出入り口が一つもないので、完全に防火が目的です。門司は1932年と1945年(門司大空襲)に火災があったそうなので、この防火壁は少なくとも1932年以降に追加された可能性があります。今は両方空地ですが、昔は西も北も隣家が接近して建っていたのでしょう。
c0112559_10235834.jpg
 西側の一部、上の方が崩壊しかけているのが気がかり。これから見るとトタンが被っている箇所も危険な状態だからかも知れません。
c0112559_10243969.jpg
 ここまで書いて、ネットを検索していたら、その数年前の写真がありました。手前に小さな木造家があるし、西面の煉瓦塀はもっと大規模だったことがわかります。
 2006年の台風で被害を受けたとか。少なくとも酒店は廃業のようです。市の指定有形文化財とはいえ、補修はかなりの費用がかかりそうなので、難しいかも知れません。
by gipsypapa | 2008-09-22 10:36 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/9766796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-09-22 19:02
これはすごい。
表は和の蔵なのに、
裏は前面レンガ。
こんな建物があるんですね。
現在、使われていないのが気になります。
これは、残さなくちゃ。
日本のナショナルトラストじゃ、
守ってくれないですかね。
Commented by sy-f_ha-ys at 2008-09-23 00:01
私も門司に訪れたとき、この蔵造り商家がとても印象に残りました。
外壁が黒塗りの『江戸黒』で、建物まわりが煉瓦塀という造りに、
ウチの近所にある川越の蔵造り商家を思い出してしまいました。
しかし塀だけ見てみると、立派な煉瓦倉庫にも見えてきますね。
Commented by gipsypapa at 2008-09-23 09:55
j-garden-hirasato さん、最後の写真を拝借した「関門通信」さんに借用
のお礼を連絡したところ、
「旧岩田酒店は周囲が解体されて吹きさらしになったところで
台風に見舞われました。
酒屋は台風で損壊する以前に廃業して、以降は主人が週末に
クラシックのコンサートを開いたりしています。」
ということでした。

保存の方向に向かっているのではないかと期待しますが、
今の状態では安全性の問題があるので、補修は必要ですね。

Commented by gipsypapa at 2008-09-23 10:04
sy-f_ha-ys さん、珍しいと思いますが、他にも似たような建物があるのですね。
レンガ塀もそうですが、正面の鼠漆喰仕上げの壁がいい感じに古びて味があります。
建物の外壁補修は必要なのですが、あまりピカピカになったら魅力半減という例が多いので、
ここは気に入っています。
<< 門司電気通信レトロ館 門司郵船ビル >>