旧門司三井倶楽部

c0112559_12345035.jpg
 JR門司港駅の前、旧門司第一船だまりを挟んで旧門司税関の対面に建つ洋館は三井物産門司支店の迎賓館や社交倶楽部として建てられたもの。

 元々は三井物産の建物群があった山手の谷町にありましたが、門司港レトロ地区の開発のとき、1994(平成6)年に駅前の現在地に移築しました。現在も門司港は貿易港ですが、当時から三井物産は社交倶楽部を建てるほど、門司を重要な拠点と位置付けていたのでしょう。戦後は国鉄の所有となって門鉄会館とも呼ばれていたことがあります。

 設計は直方生まれで門司港を拠点に活躍した建築家、松田昌平。弟の松田軍平とともに松田建築事務所を設立し、この建物のすぐそばには、松田軍平が設計した旧三井物産門司支店があります。

 外壁は木や柱や梁などの骨組みを見せるハーフティンバー様式。現在は北九州市の観光施設となっています。重要文化財の木造スレート葺、2階建て。

旧門司三井倶楽部(門鉄会館) 1921(大正10)年/ 1994(平成6)年移築
重要文化財
設計 : 松田昌平
施工 : 不明
北九州市門司区港町7-1
撮影 : 2008.5.2 & 5.3
c0112559_12361211.jpg
c0112559_12363247.jpg
c0112559_12364872.jpg
c0112559_1237562.jpg
木造に外壁は灰色のモルタル仕上げ。急勾配の三角屋根の妻面が複雑に並んでいます。
c0112559_12401763.jpg
 小さなエントランスから中へ。
c0112559_1241677.jpg
c0112559_12412144.jpg
c0112559_12413315.jpg
玄関ロビー。小さな帆船のステンドグラスが可愛い。
c0112559_12432473.jpg
c0112559_12434834.jpg
1階にはレストラン。
c0112559_12451570.jpg
 土産物売り場。
c0112559_12455321.jpg
c0112559_1246597.jpg
広間を中心に、食堂、応接間、客間。
c0112559_12473888.jpg
 2階に上がると・・
c0112559_12484165.jpg
c0112559_12485467.jpg
c0112559_1249669.jpg
c0112559_12491983.jpg

c0112559_12505146.jpg
c0112559_12494494.jpg
 2階は居間、寝室、浴室。
c0112559_1251132.jpg
アインシュタイン夫妻が宿泊した部屋を再現した「アインシュタイン・メモリアルルーム」。
c0112559_1252122.jpg
c0112559_12522673.jpg
c0112559_12523926.jpg
 白い窓枠と茶色のハーフティンバー。
c0112559_12541513.jpg
c0112559_12543297.jpg
隣接する日本家屋は旧門司三井倶楽部 付属屋(管理人住宅)で、これも同時に移設されました。
c0112559_12563898.jpg
c0112559_1256523.jpg
c0112559_1257663.jpg
 建物自体は興味深く見ましたが、やはりハーフティンバーの山小屋風の建物がこの場所に建っているのは、かなりの違和感があります。レトロ開発の一環でいろんな問題があってここに移設されたらしいのですが、さすがにこれは緑いっぱいの山の手にあるべきです。
 松田軍平氏も最初からここに建てるのであれば、まったく違った形にしたはずなので。
by gipsypapa | 2008-09-15 13:01 | 建築 | Trackback(1) | Comments(3)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/9713787
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 関根要太郎研究室@はこだて at 2015-05-01 09:51
タイトル : 福岡県北九州市の旧門司三井倶楽部(大正モダン建築探訪)
◆旧門司三井倶楽部  ・・・・・・大正10年築、ハーフティンバーが美しい港町の倶楽部建築  先週から始めさせて頂いた、福岡県北九州市門司港の建築紹介。そういう事で本日取り上げるのは、前回の旧大阪商船門司支店の隣に建つ旧門司三井倶楽部である。  現在では門司港レトロ観光の要的な存在になっている、旧門司三井倶楽部だが、大正10(1921)年に竣工したもの。その施設名が示す通り、三井物産の社交クラブとして建てられたもので、当初は門司港より東側にあたる谷町にあった。  また戦後は財閥解体に...... more
Commented by j-garden-hirasato at 2008-09-17 03:20
以前、門司に行ったとき、
この建物には入りました。
当時、まだ、それほど興味がなかったためか、
細部はよく覚えていませんでした(笑)。
確かに、海辺には合わないでデザインですね。
言われて気がつきました。
Commented at 2008-12-01 11:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gipsypapa at 2008-12-02 13:40
香月さん、初めまして。
ご指摘ありがとうございました。
あらためて調べました。↓には松田建築事務所(松田昌平、松田軍平) 設計とあります。
http://www.jia.or.jp/heritage/page7.htm
他には↓松田昌平だけ。
http://arch.cside.com/f2-fukuoka208.html
多分私はこれを見て松田昌平と書いた記憶があります。
一方他のサイトでは松田軍平一人の名前もあり、
結局よくわかりませんでした。ということで本文を修正します。

私も福岡出身で、盆正月には福岡市へ帰省するのが年中行事ですが、
まだ石橋邸(迎賓館)には行ったことがありません。
いつかは行かなくては。
<< 旧JR九州第一庁舎 旧門司税関 >>