旧門司税関

c0112559_1547476.jpg
船で門司に着いたら、まず税関。門司税関は、2代目の門司税関庁舎として明治末期に建てられ、 1927(昭和2年)まで使用されていました。その後、民間の事務所や倉庫などに使われたりしましたが、 老朽化のため無残な廃墟のようになっていたそうです。門司レトロ開発の一環として北九州市が買い取り、1994(平成6年)に修復されました。今はレトロ地区の象徴ともいえる赤煉瓦の建物です。煉瓦造2階建て。

 設計の妻木頼黄(つまき よりなか)は大蔵省などで数多くの官庁建築を手がけ、明治時代の官庁営繕組織を確立した人。半田赤レンガ建物(旧丸三麦酒 醸造工場)、中国大連の中国銀行大連分行(旧横浜正金銀行大連支店)、横浜赤レンガ倉庫(旧横浜新港埠頭倉庫)などの煉瓦建築が現存しています。


旧門司税関 1912(明治45)年
設計 : 妻木頼黄+咲寿栄一(大蔵省臨時建築部)
施工 : 清水組
北九州市門司区東港町1-24
撮影 : 2008.5.2 & 5.3
c0112559_1549766.jpg
c0112559_15491777.jpg
c0112559_15493711.jpg
c0112559_15495159.jpg
門司のレトロ建築の名所のひとつ。背面が船だまりに面して建っています。
c0112559_15564154.jpg
 煉瓦の長手と小口が順に積まれたフランス積みでした。
c0112559_1602859.jpg
2階建てと書きましたが、中は大部分が吹き抜け構造。2階は船だまり側の一部だけです。
c0112559_1625553.jpg
c0112559_163927.jpg
c0112559_1631920.jpg
c0112559_1633165.jpg
c0112559_1634354.jpg
1階は休憩室・展示室。2階は展望室になって市街地や海峡を一望できます。また館内には喫茶店レトロカフェがありました。
c0112559_1654791.jpg
c0112559_1655974.jpg
屋根は瓦葺きを木組みで支える方式。改修時に屋根と木組は新しい。
c0112559_1683686.jpg
 国際友好記念図書館の窓から眺めた旧門司税関。
c0112559_1610520.jpg
c0112559_16101683.jpg
 夜景。
c0112559_1610538.jpg
 旧門司第一船だまりから見た旧門司税関。左の帆船はセンターリバー門司港レトロ店という、ハンバーグとステーキの店。
by gipsypapa | 2008-09-13 16:15 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/9699653
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-09-17 03:32
門司に行ったことがあるのに、
この建物、記憶にないですね。
台風が来ていて、
大荒れだったからなあ。
それにしても、これだけ目立っていれば、
覚えていてもいいはずなのに…。
うに丼に気を取られていたためでしょうか。
今なら、そんなことないんでしょうけど。
Commented by gipsypapa at 2008-09-18 13:01
j-garden-hirasato さん、昔からここにあったので、単に気付かなかったのでしょうか。
ブログにも書いているように、崩れかけて屋根もほとんどない状態だったそうですから、
まだ周りに建物が建っていて(この周辺は開発のため多くの建物を撤去しています)
埋もれていたのかも知れません。
Commented by べーさん at 2008-09-21 18:00 x
あ、門司税関は紹介済みでしたか。
残るレンガ建築は九州鉄道記念館ですね。
Commented by gipsypapa at 2008-09-22 09:14
べーさん、それ以外にJR門司駅前の大きな煉瓦建築を見てきました。
門司シリーズの最後にアップします。しばらくお待ちください。
<< 旧門司三井倶楽部 門司の観光 >>