アサヒビール大山崎山荘美術館の流水門と庭

c0112559_10444897.jpg
 加賀正太郎は大山崎山荘を建てるにあたり、庭にもこだわりました。現在の正門になっているのは「流水門」。かつては睡蓮の池から下の池へ流れる水路が前を横切っていたためにこの名前が付けられたとか。洋風の門塀と和風の庭園がうまく調和しています。

大山崎山荘の流水門と庭 昭和初期
設計 : 加賀正太郎
施工 : 不詳
京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字銭原5-3
撮影 : 2008.3.16
c0112559_10454775.jpg
c0112559_1046616.jpg
c0112559_1046257.jpg
c0112559_10464815.jpg
c0112559_1047047.jpg
c0112559_10472577.jpg
 スパニッシュ風と和風が融合した流水門。
c0112559_10483824.jpg
c0112559_1049043.jpg
c0112559_10501784.jpg
 流水門から斜面沿いに下りると下の池。
c0112559_1050501.jpg
c0112559_1051457.jpg
c0112559_10511741.jpg
 1995(平成7)年に建てられた安藤忠雄(安藤忠雄建築研究所)設計の大山崎山荘美術館新館。レトロな洋館と庭園に大胆なコンクリート打放しを採用。新館と本館とを通路で結び、円柱形のギャラリー(見えにくいですが右側の建物)を半地下として、ギャラリーとまわりの景観との調和を考慮しています。
c0112559_10574487.jpg
 斜面にそって水はさらに流れて。
c0112559_10592058.jpg
c0112559_10593482.jpg
 庭にはモニュメントも。
c0112559_110233.jpg
c0112559_1104298.jpg
 さらに下にある木造の建物。これはトイレでした。新しいようです。
c0112559_1113588.jpg
 本館前の庭から見えるのは宝積寺(宝寺)。

 しばらく京都が続いたので、一旦中断して他へ行ってみます。
by gipsypapa | 2008-08-18 11:04 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/9477306
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-08-19 06:40
この和洋の融合はすごいですね。
この山荘が建てられた昭和初期、
個人庭園では、
まだ和風庭園が主流だったんでしょうか。
興味深いですね。
Commented by gipsypapa at 2008-08-19 14:14
j-garden-hirasato さんのお眼鏡にかなったようで、一安心。(笑)
ここは見どころの多いところです。
ここを見た後、すぐ近くのサントリー山崎工場の無料見学をして、ウィスキーを試飲して1日過ごすのもお勧めです。
Commented by 通りすがり at 2009-05-02 12:09 x
たしかアサヒビール大山崎山荘ですよね。
Commented by gipsypapa at 2009-05-04 22:51
通りすがりさん、
あれっ、おっしゃる通りです。
同じ山崎なので間違いました。
あとで修正します。ご指摘ありがとうございました。
<< 大阪の旧岸本瓦町邸 アサヒビール大山崎山荘美術館橡... >>