アサヒビール大山崎山荘美術館旧車庫(京都府休憩所)

c0112559_13263386.jpg
加賀邸の前を通って坂道を登ると見えてくるハーフティンバーの建物。これも国の登録有形文化財です。木造と鉄筋コンクリート造りの2階建。

大山崎山荘美術館旧車庫 1928(昭和3)年頃
登録有形文化財
設計 : 加賀正太郎  
施工 : 不明
京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字銭原5-3
撮影 : 2008.3.16
c0112559_1328686.jpg
c0112559_13283721.jpg
c0112559_13285898.jpg
c0112559_13291610.jpg
c0112559_13293039.jpg
c0112559_13294267.jpg
c0112559_1330429.jpg
 一階は木造で屋根裏部屋のある二階部分は煉瓦貼りのハーフティンバーです。一階は無人の休憩所で自動販売機がありました。

 これが車庫ですから、昔のお金持ちのゆとりがうらやましい。
by gipsypapa | 2008-08-07 13:33 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/9392416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by べーさん at 2008-08-08 18:42 x
2階は運転手さんの住み込み部屋だったそうですね。
住み込み部屋がこんな洒落た建物とは・・・
Commented by j-garden-hirasato at 2008-08-08 20:18
車庫ですか…。
世界が違いますね。
Commented by gipsypapa at 2008-08-10 08:36
べーさん、2階でいいので住みたいです。
Commented by gipsypapa at 2008-08-10 08:38
j-garden-hirasato さん、当時のお金持ちはケタはずれ。
昔から格差社会はあったわけで・・・
<< アサヒビール大山崎山荘美術館本... 大山崎山荘の加賀邸(生々居) >>