大山崎山荘琅玕洞(ろうかんどう)

c0112559_1438176.jpg
c0112559_1439144.jpg


 JR山崎駅前から送迎バスに乗ったら、このトンネルの前に着きます。「琅玕洞(ろうかんどう)」という名前になじみがないので、調べると次のような解説がありました。
 「琅玕というのは竹の美称であるが、緑色の貴石のこともいう。イタリアのナポリの沖合いにカプリ島があるが、そこにグロッタアッツェーラと呼ばれる洞窟がある。アンデルセンの自伝的小説「即興詩人」にも登場するこの洞窟を、森鴎外は「琅玕洞」と訳した。」

 大山崎山荘には国の登録有形文化財に指定された建物が数件ありますが、これもその一つ。レンガ造り石貼りのトンネルです。山荘への入り口の斜面を切り開いてアプローチ道を作ったわけですが、全部切り開いて普通の門を置くのではなく、わざわざトンネルにしているのには、設計したニッカウィスキーの創始者である加賀正太郎氏のこだわりを感じます。

大山崎山荘琅玕洞 1928(昭和3)年頃
登録有形文化財
設計 : 加賀正太郎
施工 : 不明
京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字銭原5-3
撮影 : 2008.3.16

c0112559_14394279.jpg
c0112559_1440461.jpg
 入口側は表面に石貼り。
c0112559_14403091.jpg
c0112559_14405361.jpg
 トンネル内部と出口側はレンガを表面に。

土曜日に鎌倉文学館(旧前田家別邸)を訪ねた時にも「招鶴洞」という同じような規模のトンネルがありました。かなり後になりそうですが、これもアップする予定です。
by gipsypapa | 2008-08-05 14:47 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/9377006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sy-f_ha-ys at 2008-08-06 22:34
この写真を拝見して、私も『あれ、鎌倉かな?』と一瞬思いましたよ。
ところでgipsypapaさま、鎌倉に来られたのですか?。暑いなか、本当にお疲れ様でした~。


Commented by gipsypapa at 2008-08-07 09:44
sy-f_ha-ys さん、はい。別件があって行きました。
土曜日はホテルニューカマクラ、日曜日は横浜のニューグランドと
レトロホテルに連泊し、両地の建物を見て回る予定でした。
初日の鎌倉はかなり精力的に歩きましたが、何しろ暑い!
二日目から気力が失せて、冷房の利いたホテルの部屋でテレビを見ただけで、
本命だったヴォーリズの横浜共立学園本校舎もパスしてしまいました。(^^;;
鎌倉にも見残しがあるし、横浜は全然。季節を考えて出直しま~す。
<< 大山崎山荘の加賀邸(生々居) JR山崎駅舎 >>