金閣寺の北山文庫

c0112559_13385937.jpg
 「まちかどの西洋館」に興味深いスパニッシュの洋館が出ていました。このブログにコメントをくれるべーさんのHPで、大体の場所を教えていただき、北区を探索したついでに行ってみました。

 一方、「京都の近代化遺産」という本に、北山文庫(旧加藤伍兵衛邸)という、あめりか屋設計の住宅があることも知っていて、見たいと思っていました。「北山文庫」で検索してもほとんど建物としての情報はありませんが、地図検索では金閣寺の一角に北山文庫が出てきます。

 両方の情報を持って行きましたが、結果的にこのふたつは同じ建物であることがわかりました。「まちかどの西洋館」の写真を見てもわかりますが、門は簡単に見つかっても、建物はほとんど見えない状態です。金閣寺の参道から近づくことができないかと、色々探しましたが、結局、門の見える大通りからしか撮影できませんでした。c0112559_1339164.jpg

 →の Google Earth の下のほうにあるのが北山文庫。かなり大型の建物です。写真は右下にある大通りのバス停近くから撮影しました。上に東西に走る金閣寺の参道がありますが、森に囲まれていて、近づけるかどうかわかりません。

 北山文庫は金閣寺が管理しているようです。昔からの蔵書などを保管しているのでしょうか。金閣寺の参道から、北山文庫の方向に行けそうな小道が2本ありましたが、どちらも進入禁止でした。中まで見ようとは思いませんが、せめて外観でも見れるようにならないのでしょうかね。

あめりか屋は大正時代から洋風住宅建築の設計・施工を手がけてきた会社です。東京に本社がありましたが、大正12年に山本磯十郎があめりか屋から独立。京都高倉六条に、あめりか屋京都店を設立しました。

京都での代表作は革島医院
他にもあめりか屋としては名古屋市の旧川上貞奴邸などがあります。

北山文庫
旧加藤伍兵衛邸 1936(昭和11)年
設計 : あめりか屋京都店
施工 : 不明
京都市北区金閣寺町20
撮影 : 2008.7.5
c0112559_13424854.jpg
c0112559_13425964.jpg
 唯一見ることができる素晴らしい煉瓦造りの門。これを見たら、建物も見たくなります。
c0112559_13441690.jpg
c0112559_13442846.jpg
c0112559_1344389.jpg
c0112559_13444630.jpg
  通り側にも石垣がありフェンスが張ってあります。木々の間からやっとの思いで撮った写真。アーチ窓が見えます。窓のガラスはモザイク模様のようで、素晴らしいようです。このような貴重な建物は、住宅として使われていないのであれば、もう少し一般にも見えるような配慮をして欲しいものです。
 ↑の「まちかどの西洋館」にはもう少し別の角度からの写真があります。
by gipsypapa | 2008-07-28 13:54 | 建築 | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/9315429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京都 at 2008-08-31 05:41
タイトル : 京都
京都府の夏は、とにかく暑いことで有名です。 その最たる理由は、京都府が盆地だからだといわれています。 ... more
Commented by べーさん at 2008-07-29 15:52 x
私がサイトの写真を撮ったのは、いろいろ撮れるポイントを探しているうちに迷い込んでしまった結果なので、もう撮影できないかもしれませんね。
似た感じの洋館は、吉田地区で見たことあります。
最近はメインのサイトも停滞してますね・・・
新しいパソコンに買えて、今までの作成ソフトが使えなくなったというのもありますが、ここ近年は全然探索していないというのもあります。正直。
そろそろまた探索を始めないとまずいかもしれませんねw
Commented by べーさん at 2008-07-29 16:00 x
あめりか屋に関連して、古写真・古絵葉書ブログに
平和博覧会文化村住宅の出品住宅のあめりか屋の出品作品が
ありますので、参考までにリンク先を張っておきます。
Commented by gipsypapa at 2008-07-29 16:47
べーさん、迷い込んだのは Google Earth の写真でいえば、左下側でしょうか。
私はその方向から近づいたのですが、空地がありました。
門の正面と金閣寺の参道を歩いてみて無駄足だったので、
その空地からもうすこしましな写真が撮れそうな気がしましたが、
何しろ暑くて戻る気力が残っていなかったのです。
Commented by gipsypapa at 2008-07-29 16:48
べーさん、古写真・古絵葉書ブログは例の如く、家で見せてもらいます。
ありがとうございました。
Commented by べーさん at 2008-07-29 18:35 x
左下ですね。うろうろしているうちに迷い込んでしまい、
撮影後でようとしたら、管理している人らしき人に見つかり
「金閣寺ってこっちでよかったでしたっけ~?」とごまかして
脱出しましたw
帰りにみたらフェンスを閉められていました。
Commented by gipsypapa at 2008-07-30 10:56
べーさん、やはりそこですね。
私が前を通った時には空地はフェンスがありました。
簡単には入る雰囲気じゃなかったのですが、不可能ではなさそうだった
記憶があります。
<< 聖ドミニコ会聖トマス学院京都修道院 京都の旧岡村宇太郎邸 >>