京都大学医学部 教育推進センター

c0112559_14181019.jpg
 医学部表門のすぐ西にある煉瓦造りの平屋建て。典型的な煉瓦建築に和瓦の屋根と小さな屋根換気口があるこじんまりした建物です。旧生理学研究室で、一時期は「国際交流室」として使われていたようですが、私が訪れた時には「京都大学医学教育推進センター」と「知的財産経営学コース」の二つの表札がありました。

 設計は京大に優れた作品を残した京都帝国大学営繕課の山本治兵衛・永瀬狂三両氏のコンビです。すでにこのブログにも工学部電気工学教室本館工学部土木工学教室本館文学部陳列館 を紹介しています。なお京大には他に、コンビではなく単独の作品も残っています。


京都大学医学部 教育推進センター
旧京都帝国大学 生理学教室研究室 1914(大正3)年
設計 : 山本治兵衛・永瀬狂三
施工 : 不詳
京都市左京区吉田橘町
撮影 : 2008.1.3
c0112559_14241713.jpg
c0112559_14244333.jpg
c0112559_14245679.jpg
 緩やかな曲線のアーチ窓とイギリス積みの典型的な煉瓦建築。
c0112559_14271288.jpg
 南側の道路から見た全景。現在はフェンスと生垣で封鎖されていますが、中央部の小さなペディメントに丸窓があります。いわゆるファサードで、昔はこちら側が正面だったわけです。
by gipsypapa | 2008-07-10 14:33 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/9198902
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 京都大学医学部 医学図書館第2... 京都大学医学部表門守衛所 >>