京都の日本写真印刷本館

c0112559_16151796.jpg
 「近代建築散歩 京都・大阪・神戸編」に載っていてよさそうなので行くことにしました。やや道に迷いながらようやく本館を見つけましたが、当然正月休みで、正門が閉まっていました。もともと建物には近づけないらしいので、贅沢はいいませんが、もう少し接近したかったところ。

 「近代建築散歩 京都・大阪・神戸編」には内部の写真も掲載されていて素晴らしい。解説文には「本館は英国人の設計といわれるが確証はない。内外ともに質の高い作品だが、取材時には有効に活用されておらず、改修して記念館などに活用すべき。ほしくとも入手不可能な明治建築であることを認識してほしいものである。」

 確かにもう少し門戸を広げてほしいです。ちなみに「近代建築散歩 京都・大阪・神戸編」の印刷はここ日本写真印刷が行っています。この本を持っていれば特別に内覧を許可します・・・とはいかないか。外壁を石貼りにした煉瓦造り2階建。

日本写真印刷本館
旧京都綿ネル会社本社事務所 1906(明治39)年
設計 : 英国人
施工 : 不明
京都市中京区壬生花井町3
撮影 : 2008.1.4
c0112559_1617731.jpg
c0112559_16173216.jpg
c0112559_16174585.jpg
 工場は広大な敷地を持っていて、本館の位置が分かりにくかったので、かなり歩いて到達したのです。正門が南側の四条通に面したところにあり、その目の前が本館でした。苦労して見つけた建物ですが、いいショットが撮れずがっかり。
c0112559_16195499.jpg
 あまりいいアングルがないので左の工場沿いの路地を歩いていると、これも本に載っている旧紡績会社時代の赤煉瓦造りの工場群が少し見えました。
c0112559_162053.jpg
c0112559_16201589.jpg
c0112559_16202820.jpg
 明治時代の建物でしょう。本当はこれらの煉瓦造りの工場群は別のタイトルにしたいくらいです。
by gipsypapa | 2008-07-03 16:23 | 建築 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/9158248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-07-03 21:15
これが明治の建物ですか。
そうは見えないですね。
だから、近くに寄せつけないんでしょうか。
近くに寄ったら、
ボロボロだったりして(笑)。
Commented by gipsypapa at 2008-07-04 09:06
j-garden-hirasato さん、外壁は新しく見えます。
また側面の通用口の半円形の庇は現代の形なので、
これも近年に追加されたのではないでしょうか。
「近代建築散歩」の解説から考えて、内部はあまり手が加えられていないのかな。
結構ボロボロかもしれませんね。
Commented by べーさん at 2008-07-04 10:23 x
本館は、四月辺りから覆いがされて、「もしかして、取り壊し?」と思ったのですが、後日確認に行くと、修復工事のようで、ひと安心しました。
完成がいつになるかわかりませんが、工事が終わったら公開されるかもしれませんね。
ちなみに、ゴシック窓のレンガ建物は取り壊されたようです。
Commented by べーさん at 2008-07-04 11:10 x
ちなみに、本館の外壁は当初石張りでした。
現在より賑やかな姿です。
私の古写真・古絵葉書ブログに辻紡績時代の本館の絵葉書をUPしていますので、参考にしてください。
携帯からなので、リンク張れませんので。
Commented by gipsypapa at 2008-07-04 13:51
べーさん、ゴシック窓のレンガ建物?
工場の写真の一番最初の写真の右側の建物でしょうか。
う~ん、壊されましたか。
本館が残って公開されれば文句なしです。
Commented by gipsypapa at 2008-07-04 13:53
べーさん、携帯から投稿ですか。
会社のPCからべーさんのHPの写真が見れません。
いろいろセキュリティでブロックされています。
帰宅して見せてもらいますね。
Commented by べーさん at 2008-07-04 15:17 x
FC2のブログのほうなんですけど、ブロックされてます?特にそんな機能はなかったはずですが・・・
ゴシック窓のレンガ建築は、件の本に載っているやつだと思いますが、もうないと思います。嵯峨野線の車窓からすぐわかるくらい背の高い目立つ建物でしたから。
ちなみに、嵯峨野線沿いに二条方面へ行ったところにもかつて「日本食糧倉庫」という明治のレンガ建築が数棟ありましたが、今はマンションになっています。
Commented by べーさん at 2008-07-04 15:26 x
ようやく写真見れました。ご指摘の隅石のある建物です。現在は確認できません。工場のレンガ建築の中でも一番凝った建物だけに残念ですね。
FC2のほうは、重いだけかもしれません。
Commented by gipsypapa at 2008-07-04 17:25
べーさん、ブロックという言い方がおかしかったかも。
サイトは開けて、テキストは読めますが、写真が X マークになって見えません。
重いせいかも。ともあれ自宅では見れたことは間違いないので大丈夫です。
私の写真より sano さんの京都レトロにもう少しよく見えるのがありました。
これがもうないのですか。もったいない。
Commented by gipsypapa at 2008-07-06 08:53
べーさん、見ました。ずいぶん外観が違いますねぇ。
それにしても、驚くべき絵葉書。よくこんなのを見つけましたね。
Commented by べーさん at 2008-07-06 11:20 x
あの絵葉書は某オークションで適当に見ていたら見つけたものですw
掘り出しものでしたね。
一応URL張っておきます。

ところで、例のゴシック窓のレンガ建築ですが・・・
今日午前中に用で近く通った時に確認したら、現存してました。
私の勘違いのようです。
確か敷地内にもうひとつ同じゴシック窓のレンガ建物があり、それはJR線側からよく見えるところにあったのですが、それがいつの間にかなくなっていたので。
ですので、かつては同じような建物が2つあって、うち1つが壊されたため、私が勘違いしたようですね。ごめんなさい。
写真のレンガ建築は現存しています。
Commented by gipsypapa at 2008-07-07 13:36
べーさんのブログは古いものに特化していて面白いです。
かなりのマニアとお見受けします。
> 写真のレンガ建築は現存しています。
了解しました。
<< 旧京都市立生祥小学校 京都の福井商店 >>