同志社大学 ハリス理化学館

c0112559_1522227.jpg
 アメリカの実業家 J.N.ハリスの援助により、ハリス理化学校(工学部の前身)の校舎として建築された煉瓦建築。これまでに紹介したD.C.グリーンの設計はアメリカン・ゴシック様式ですがハリス館はイギリス・ゴシック様式。従って煉瓦積みもイギリス積です。現在は、入試センター、広報課、アドミッションズ オフィス、校友課などが使用しています。施工は京大工の小島佐兵衛。煉瓦造り2階建の国指定重要文化財。

 設計はフランス生まれの建築家で英国王立建築士会正会員だったアレクサンダー・ネルソン・ハンセル。当時日本で建築指導を行った英国王立建築士会正会員だったのはジョサイア・コンドルとハンセルの二人だけだったとか。ハンセルは旧大阪川口居留地の新学校の英語教師として来日しましたが、主として関西を基地に建築家として活躍。

 このハリス理化学館をはじめ、平安女学院明治館 - 明治28年(1895年)、や神戸に門兆鴻邸 - 明治28年(1895年)、旧A.P.ディスレッセン邸 シュウエケ邸 - 明治29年(1896年)、旧ハンセル自邸、 旧ハッサム住宅 - 明治35年(1902年)、旧グッゲンハイム邸 - 明治45年(1912年)、現竹内油業塩屋寮 などの多くの著名建築の設計を行っています。

同志社大学 ハリス理化学館 1890(明治23)年
重要文化財
設計 : A.N.ハンセル
施工 : 小島佐兵衛 ほか
京都市上京区今出川通烏丸東入ル玄武町601
撮影 2006.5.14 & 6.24

c0112559_1534386.jpg
c0112559_1542743.jpg
c0112559_154545.jpg
 ほぼシンメトリーなイギリス・ゴシック様式の建物。
c0112559_1572770.jpg
 少しわかりにくいかもしれませんが、長辺と短辺を上下交互に積んだイギリス積みのレンガ造り。建物の2階に新島襄の資料展示室があって、自由に入ることができます。
c0112559_15105363.jpg
c0112559_1511785.jpg
 先ほどの玄関を中から振り向いたところ。アールの緩やかなファンライトです。
c0112559_15122129.jpg
 階段を上って・・・
c0112559_15125772.jpg
c0112559_1513101.jpg
 2階の廊下から。
c0112559_15135676.jpg
 廊下に新島襄氏がいました。
c0112559_1515683.jpg
 数々の展示品の中で気に入ったカバン。今でも使えそうです。
c0112559_15162119.jpg

by gipsypapa | 2008-06-30 15:23 | 建築 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/9139678
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-07-01 06:25
同志社大学はレンガの建物だらけですね。
これぞ、学び舎!って感じです。
さすがです。
Commented by gipsypapa at 2008-07-01 14:45
j-garden-hirasato さん、最近の建物も煉瓦の外観になっています。
これだけ徹底したら気持ちがいいですね。
Commented by peace at 2008-07-22 20:06 x
初めて書きます。すばらしい画像ですね。
大阪府庁本館も撮影していただけたら嬉しいです。
Commented by gipsypapa at 2008-07-23 13:39
peace さん、ありがとうございます。
府庁はいつでも行けるという安心感から、見たことはありますが、
まだ撮っていません。
今は議会の開催中でセキュリティがきつそう。
でも、橋下知事がいる間に行かないといけませんね。(^-^)
Commented by peace at 2008-07-24 01:16 x
大阪府庁本館に7/18(金)に撮影に行ったのですが結局1階の廊下を1枚しか撮れませんでした。残念です。やはり内部撮影は緊張します。
府の職員に撮影してもよいか聞いたのですが、「私ではわかりません」というので、まぁ駄目だとは言ってないからいいかと、1枚撮影決行しました。ふう~
Commented by gipsypapa at 2008-07-24 10:52
peace さん、7月18日といえば、やはり府議会開催中でしょうね。
通常、庁舎は一般用の相談所などがあるので入っていくことは出来るのでしょうが、
やはり気を使いますよね。
5月に門司レトロを見に行った時、門司区役所に行きました。
一般の人たちが出入りしていたので、私も入って、階段が気に入ったので2階へ上がって行ったら、
区役所の人に「何か御用ですか?」と声をかけられ、一瞬たじろぎましたが、建物に興味があるというと、
親切に所内を案内してくれました。
門司はレトロな建物を売りにしているせいかも、知れませんが、こういう風に親切にしてもらうと、いい思い出になります。
いつか、府庁も挑戦しますね。
Commented by peace at 2008-07-26 01:33 x
丁寧なコメントありがとうございました。
ぜひ、府庁に挑戦を期待しています。
それにしても府庁を設計した平林金吾さんは名古屋市役所本庁舎も
設計してましたね。
gipsypapaさんの名古屋市役所本庁舎の画像を拝見しまして、
どちらの建物も甲乙つけがたいなあと思いました。
Commented by gipsypapa at 2008-07-26 23:36
peace さん、必ず行きますが、中を見るには平日でないと入れないはずです。
官公庁も週休2日なので、大体土日は玄関が閉じていますので。
その辺が一般のサラリーマンの辛いところです。

名古屋市役所はつい最近目の前を通りました。
今、また改修工事をやってました。ここも土曜日しか行ったことがなく中は見れていません。
Commented by nakajimaakira1948 at 2011-04-13 15:00
gypsypapa さん、こんにちは!
わたしは四十年まえ、このハリス理科学館の入り口の左側の部屋で
実験にいそしんでおりました。

懐かしいです。

Commented by gipsypapa at 2011-04-14 10:01
nakajimaakira1948 さん、
御無沙汰しております。いかがお過ごしでしょうか。
悠々自適の生活の感想はどうでしょう。
古い校舎で学んだ人から、通っているときは何とも思わず、
古いだけで不便と感じていたけど、
後になって考えると懐かしいという感想をよく頂きます。
私は中学、高校とそんな古い校舎でしたが、
今は建て替わってなくなってしまいました。
唯一大学は古いのが残っていますが、
引っ越ししたので空き家。将来が憂慮される状態です。
そういう意味では同志社の今出川キャンパスは、
多くの歴史がある建物が大事に使い続けられていてうらやましいです。
<< 同志社大学 明徳館 同志社大学有終館 >>