京都の永山医院

c0112559_14574933.jpg
 しばらく南フランスに旅行をしてお休みしていましたが、再開します。

 京都聖三一教会を見に行く途中で見つけた建物です。日本家屋の手前に洋館の医院をくっつけたような造りになっています。データは全くなく、詳細は不詳ですが、コンクリート造り下部をレンガ張りで飾り付けて面白い。昭和の初期の築のように見えます。

永山医院 昭和初期?
設計・施工 : 不明
京都市中京区聚楽廻東町9-7
撮影 : 2008.1.4
c0112559_1542350.jpg

c0112559_155728.jpg
 アーチ形の玄関。引き戸はサッシに替わっていますが、装飾レンガの使い方が目を引きます。
c0112559_1564339.jpg
c0112559_157352.jpg
 東側も飾りレンガの使い方がヴォーリズ建築のようで面白い。
c0112559_1575645.jpg
 南側にはレンガ塀。
c0112559_1582280.jpg

by gipsypapa | 2008-05-28 15:09 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/8940417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 京都の松井ビル 日本聖公会 京都聖三一教会 >>