日本聖公会京都地区 ウィリアムス神学館

c0112559_15473864.jpg
 聖アグネス教会から烏丸通を南下したところに、昭和初期の洋館があります。やはり平安女学院関連のニコルス師が京都地方監督に任ぜられた際に建てられた住居。現地にある石碑やネット情報ではウィリアム師旧邸となっていますが、ウィリアムス師は1910年(明治43年)に亡くなっていることから、このブログでは「近代建築散歩」京都・大阪・神戸編に記載の旧二コルス邸を採用しています。

 烏丸通から少し奥まった場所にあって通りから見えにくいためでしょうか、ネットなどではあまり紹介されていませんが、私好みの瀟洒なジョージアン様式の木造住宅です。

 当初はアメリカ人の宣教師で長崎や京都で布教を行い、日本聖公会初代監督に就任したS.M.ウィリアムスにちなんだウィリアムス氏記念館でしたが、現在は日本聖公会京都教区主教邸・ウイリアムス神学館として使用されています。木造2階建て、屋根裏部屋付き。

 なお、設計者の上林啓吉はガーディナー建築事務所に最後までいた人物です。ガーディナーと共同でオランダ大使公邸、スペイン大使公邸などを担当しましたが、ガーディナーの死後に独立しました。独立後は宇都宮聖ヨハネ教会、日本聖公会秋田聖救主教会、日本聖公会福井聖三一教会など優れた教会建築を手がけています。

日本聖公会京都地区 ウィリアムス神学館
旧二コルス邸 1931(昭和6)年
設計 : 上林啓吉(上林建築事務所)
施工 : 不明
京都市上京区烏丸通下立売上ル桜鶴円町380
撮影 : 2008.1.3
c0112559_15484486.jpg
 烏丸通に面した敷地の入口。右に見える石碑にシ・エム・ウィリアム師旧邸と刻まれた石碑が見えますが、奥にこのような洋館があるようには見えません。
c0112559_15524664.jpg
 入口には普通の建物があります。ここを通り過ぎて・・
c0112559_15545937.jpg
c0112559_15551231.jpg
c0112559_1555321.jpg
c0112559_1553304.jpg
 敷地の奥に入ると瀟洒な洋館が見えます。木造にドイツ壁を持ったわたし好みの住宅建築です。ジョージアン風の窓の意匠も美しい。
c0112559_166856.jpg
c0112559_166263.jpg
 白を強調した玄関ポーチ。
c0112559_1675727.jpg
 玄関脇にあるベイウィンドウも白の木製窓枠。
c0112559_1692133.jpg
 木造とレンガ造りの違いはありますが、煙突の配置や窓のデザインは、ヴォーリズの同志社アーモスト館を思い出させます。ちなみにアーモスト館ももう少し北の同志社キャンパスにあるわけです。
by gipsypapa | 2008-05-13 16:14 | 建築 | Trackback | Comments(17)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/8846047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひろ009 at 2008-05-14 23:31 x
こんにちは。ここのことは知りませんでした。「近代建築散歩」に載っていたことにも気づかずでした。確かに写真を見た瞬間にアーモスト館に似ていると思いました。実はハーフチンバーと煉瓦が大好きなので平安女学院昭和館も大のお気に入りです。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-05-15 04:02
建築の知識がないので何ともいえませんが、
今の大手住宅メーカー各社が建てている住宅デザインの
基のようにも思えます。
重厚感は全然比べ物になりませんが。
Commented by gipsypapa at 2008-05-15 10:13
ひろさん、お久しぶりです。
ここは行きやすいところですから、一度どうぞ。
ひろさんのブログは最近名のない住宅建築がよく出てきますが、
みんな素晴らしいです。
私は住宅が好きなので、まだまだたくさん見るべきものがあるわけですね。
Commented by gipsypapa at 2008-05-15 10:17
j-garden-hirasato さん、最近このような外観の住宅が多いですね。
時々、歴史のある建物なのかと迷うことがあります。
去年、妹が家を建てるので、住宅を見て回りました。
煙突のある住宅がそれなりにあるので、メーカーの人に聞いたら
飾り煙突で、暖炉があるわけではないとのことでした。
Commented by ひろ009 at 2008-05-20 21:43 x
先日、見に行ってきました。全く予想だにしないところ(しかし、大通りから少し入っただけのところ)にこんな瀟洒な洋館があったとは!情報、ありがとうございました。
その日は朝から夕方まで京都市内を大移動し、建築探訪&街歩きを堪能しました。もちろん平安女学院にも行きましたが、住宅や商店建築にも面白物件がいっぱいあって、写真撮りまくりでした。住宅探訪という底知れぬ泥沼に足を踏み入れてしまったような気もします。
Commented by gipsypapa at 2008-05-29 13:00
ひろさん、旅行していたのでレスが遅れました。
私も「近代建築散歩」を見なければ、こんなところにあるとは気付かなかったでしょう。
京都の写真のアップを待っていま~す。
Commented by べーさん at 2008-06-20 19:02 x
京都御苑あたりはよく行くので、この建物は知っていたのですが、
新しい建物を思い込んでましたので、完全にスルーしてましたw
紹介していただいて初めて気づいた次第です。
ありがとうございました。
ジョージアン様式は輸入住宅で多いですね。国内メーカーの住宅でも
同デザインを基にした住宅を見かけます。
京都御苑近辺は以外と知られていない洋館多いですよ。
Commented by gipsypapa at 2008-06-22 00:30
べーさん、確かに最近の輸入住宅にありそうな形ですね。
外壁が新しく塗り替えられたりしてると区別がつかないことがあります。
今日ついでがあって、大阪の旧岸本瓦町邸という登録有形文化財の
建物を見ましたが、写真で見たいい感じのレトロ感が、塗り替えられて普通の新築のようでした。
京都御苑近辺の洋館のマル秘情報がありましたらよろしく。(^-^)

Commented by べーさん at 2008-06-22 09:04 x
では。
コメ欄に直リンできませんので、URL先の
「京都地裁近くの洋館」「護王神社近くの洋館」が
知られていない物件だと思います。
前者はまだあると思いますが、後者は微妙。
あと、富小路夷川、小学校の南にある「寿山荘」は
中江種造の旧邸で、明治27年築。煉瓦の洋館があるようです。
御苑内の旧閑院宮邸内には、倉庫と思われる煉瓦の建物。
新町小学校の向かいに「京都府計量検定所」の建物。
そのすぐそばの上京中学校には立派な古い煉瓦塀。
河原町丸太町には、「東洋亭」。
知ってるのはそんなところでしょうか。すでに紹介されているのと
有名どころは除外しました。
あとは、公家屋敷遺構がいくつか現存してますが、それは
私のサイトの公家屋敷編をご覧ください。
Commented by gipsypapa at 2008-06-22 17:13
べーさん、情報ありがとうございます。
実は言いそびれていましたが、先日、京都府庁旧本館にHPのURLを貼っていただいたときに、さかのぼってこの目次のページに来ました。
そしてこのHPは過去に何度か見て「お気に入り」に登録していたサイトだったことがわかりました。
何かを検索してたどり着いたのだと思います。

特に住宅建築に見たことがないのが多くて気になっていたのですが、
何しろ京都に不案内なうえ、住所など詳細ががないのでそれ以上の追及はしていませんでした。
いろいろ見たい建物が多いのですが、しいて選べば、中村建築研究所京都出張所、河原町今出川の洋館、妙心寺近くの洋館、金閣寺近くの洋館①と②でしょうか。
個人住宅の場合はプライバシーの問題があって詳細を公表するのは無理ですよね。
Commented by べーさん at 2008-06-23 08:29 x
すでにご覧になられたことがあったんですね。
ありがとうございます。

個人住宅が多いので、サイト上で詳細なことは書けないのですが、
メールでのやり取りでしたらお答えできると思います。
URLのブログのコメント欄に非公開コメントでメアドと希望の物件をを書いていただければお答えいたします。
ただ、金閣寺近くの洋館2はちょっとうろ覚えで大体の場所ということになりますが・・・
それと、その物件はヴォーリズの建築ではないようですね。
古い建物ではありますが。
Commented by べーさん at 2008-06-23 08:36 x
追記です
金閣寺近く2ですが、「ヴォーリズではないのでは?」と言われただけなので、きちんと調べて確認したわけではありません。
実際に尋ねられて確認されたほうがいいと思います。
建物の感じや煙突の形から、ヴォーリズ建築と思ったんですけどねぇ。
Commented at 2008-06-23 08:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gipsypapa at 2008-06-23 13:04
ベーさん、金閣寺近くの洋館2はさすがに写真ではわかりませんね。
京都にはヴォーリズの住宅建築が数か所あるはずです。
どれだけ現存しているかどうかが問題ですが。
京都市東山区本町にある中村駿吉邸現存しているらしいのですが、まだ発見できていません。

それとHPの滋賀にある彦根市O邸もそれらしいですねぇ。
ヴォーリズのリストでは近江八幡だけは市名がありますが、
それ以外は滋賀県でひとくくりされているのが多いのでわかりずらいです。

いずれにしろ、京都と滋賀は戦災や震災にあっていないので、現存の可能性は大阪や兵庫より高いのですが。
Commented by べーさん at 2008-06-23 16:52 x
私、近代建築MLに加入してますので、中村駿吉邸のこと聞いてみましょうか?皆さんかなり詳しいのでもしかしたら教えていただけるかもしれません。
余談ですが、去年某オークションに昭和10年代ごろのヴォーリズ建築事務所発行の建築作品集が出品されてたことがあります。
かなりの値段になったので断念しましたがwちょっとほしかったですね。
Commented by gipsypapa at 2008-06-23 17:45
べーさん、MLの件お願いできますか。1926年築で京都市東山区本町というのがわかっています。
東山区本町は地図で見ると、ずいぶん南北に長くて見当もつきません。
山形政昭教授の『ヴォーリズの建築』に載っている写真では、切妻から玄関ポーチまで屋根が続いている構造で
ポーチのところでフレア状に上に反った形だったと記憶します。

昭和12年のヴォーリズ建築事務所発行の建築作品集は超レアです。
白黒でしょうが写真集らしいので。確かに欲しいですね。
Commented by べーさん at 2015-07-04 19:47 x
お久しぶりです。
ウィリアムス氏旧邸ですが、烏丸通に面した小さい建物が本来のウィリアムス氏の邸宅で、
戦前に発行された絵葉書によるとすでに記念館として保存されていたようです。
最近入手した絵葉書にありまして記事に書きましたのでURLからご覧ください。
確かに基礎周りは煉瓦造りで通風孔も当時のものらしきものが使われています。
絵葉書を見ると窓周りの改変くらいでほぼ当初のままのようです。
ウィリアムス氏の邸宅だとすると、まちがいなく明治期の建物になりますね。
<< 日本聖公会 京都聖三一教会 日本聖公会聖アグネス教会礼拝堂 >>