NTT西陣別館事務棟

c0112559_10495956.jpg
一見してそんなに古い建物とは思えませんが、実は大正10年竣工。セセッションの香りのある、当時としては斬新な意匠です。正面アーチ状突出部の裸婦像と建物上部に飾られたライオン像が特徴的です。

 設計は東大建築科卒の逓信省技師の岩本禄。天才的といわれた建築家です。わずか3点(西陣分局、青山電話分局、箱根観光旅館)とはいえ、名作といわれる作品を残して29歳で夭逝した岩本の唯一現存する建物。

 鉄筋コンクリート造の3階建て、壁がレンガ造の混合造。3階柱廊の柱は当時、木造だったそうですが、現在は鉄筋コンクリート造となっています。国の登録有形文化財。

TT西陣別館事務棟
旧・京都中央電話局西陣分局舎 1921(大正10)年
登録有形文化財
設計 : 岩本禄(逓信省営繕課)
施工 : 安藤組
京都市上京区油小路中立売下ル甲斐守町97
撮影 : 2008.1.4
c0112559_1050531.jpg
c0112559_1051435.jpg
 完成当時、乙女たちは建物の前をうつむいて足早に通過したとか。なぜなら壁面に裸婦のトルソーがあったからだそうです。
c0112559_10512781.jpg
 正面の前の道幅が狭いので、あまり良いアングルでは撮影できません。上部のライオン像はこの角度からがやっとです。
c0112559_10513518.jpg
 一方、側面には太い列柱が並ぶ古典主義風。
c0112559_10514553.jpg

by gipsypapa | 2008-05-08 10:58 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/8811881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-05-09 06:13
教えてもらわなくては、
レトロ調に建てたものだと思ってしまいますね。
これで大正のものですか。
驚きです。
「逓信省技師」ってことは国家公務員ですよね。
当時は、自ら設計をしていたんですね。
これも驚きです。
Commented by gipsypapa at 2008-05-09 09:45
j-garden-hirasato さん、逓信省には、他にも吉田鉄郎や山田守などの有名な建築技師がいました。
また鉄道省には久野節とかも。大蔵省営繕課も多くの設計をやったりして、
当時の官公庁には設計技師がたくさんいたようです。
そのほか各市町村にも営繕課という組織で、地方の公共建築物の
設計を自前でやっていました。
Commented by sy-f_ha-ys at 2008-05-10 06:42
遥か遠い大正時代に思いを馳せてしまう美しい建物ですね。
ヴォーリズの作品もそうですが、建築という空間に物語のようなものを感じてしまう建物の一つです。
個人的には裸婦の台座になっている柱と、ちょっと惚けたライオンの顔がお気に入りです(笑)
Commented by gipsypapa at 2008-05-10 15:23
sy-f_ha-ys さん、ライオンはもう少しこだわって撮ればよかったと、少し後悔。
大正時代の裸婦像が恥ずかしく、うつむいて通り過ぎたという乙女たちがいいですね。
現代の乙女(?)は携帯電話をやりながら無関心に通り過ぎそうです。(笑)
<< 平安女学院昭和館 先斗町歌舞練場 >>