龍谷大学大宮図書館

c0112559_13414837.jpg
大宮学舎の北側の道路を挟んで西本願寺境内の一角に図書館があります。 地上3階地下1階建ての鉄筋コンクリート造りで、モザイクタイル枠の丸窓がある、西洋建築と仏教建築を組み合わせた独特の外観が特徴です。2006年に外観をそのまま残して、内部を近代図書館となるようにリニューアルされたそうです。この日は休日のため門が閉まっていて残念。

 設計は京都帝国大学工学部建築学科の一期卒業生、武田吾一の教え子で、卒業後、宗建築事務所に入り、後に武田のもとで営繕事務を勤めた大倉三郎。大阪の生駒時計店は宗事務所時代の彼の代表作です。

龍谷大学大宮図書館 1936(昭和11)年/2006(平成18)年改修
設計 : 大倉三郎
施工 : 松井組
京都市下京区醒ヶ井通花屋町下ル門前町60
撮影 : 2007.2.10
c0112559_13534833.jpg
c0112559_13535759.jpg
 御覧のように西本願寺の境内にあるので、壁や門はお寺そのもの。
c0112559_13546100.jpg
 言われてみれば丸窓近傍の意匠は生駒時計店に共通するものがあります。学校が開いている日は、中も見れそうなので、いつか見てみたいものです。
by gipsypapa | 2008-04-30 14:06 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/8761401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-05-02 06:00
色といい、意匠といい、
土塀と実にマッチした不思議な建物ですね。
昭和初期とは驚きです。
Commented by gipsypapa at 2008-05-04 12:18
j-garden-hirasato さん、大変面白い建物に見えます。
休日以外なら、少なくとも敷地内には入れたでしょう。
もう少し見たかった建物でした。
<< 京都の田中屋 龍谷大学大宮学舎正門 >>