龍谷大学大宮学舎渡り廊下

c0112559_13595133.jpg
c0112559_1414286.jpg
龍谷大学大宮学舎渡り廊下 1879(明治12)年/1997(平成9)年改修
重要文化財
設計・施工 : 不明
京都市下京区七条通大宮東入大工町125-1
撮影 : 2007.2.10
c0112559_142216.jpg
c0112559_142475.jpg
c0112559_14319100.jpg
c0112559_1441090.jpg
 学生たちは自分の部屋から本館の講義に雨に濡れずに行けるわけです。
by gipsypapa | 2008-04-24 14:07 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/8722772
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-04-28 19:01
渡り廊下で
こんなすごい意匠を施すんですね。
明治という時代に生きたかったですね。
ん?
でも、生きていても、
学び舎に入れるとは限らないか。
Commented by gipsypapa at 2008-04-29 10:51
j-garden-hirasato さん、誰が設計したのでしょう。
機能的にも意匠的にも良くできています。
<< 龍谷大学大宮学舎北黌 龍谷大学大宮学舎南黌 >>