長野市の藤屋旅館

c0112559_1525368.jpg
 長野市の中心地、JR長野駅と善光寺を結ぶ善光寺門前通りにある、旅館というよりホテルと呼ぶのがふさわしい大正レトロの建物。慶応元年に創業した『御本陣 藤屋旅館』で、今でもその看板を掲げています。設計者は、善光寺仁王門の再生建築を手がけた宮大工と伝えられているそうです。

 外観はコンクリート造りに見えますが、実は木造に鉄網コンクリートを貼り、2階以上は化粧タイルが貼られています。3階窓下の欄干も洋風です。門前町には白壁土蔵造りが立ち並んでいますが、その中にあってアールデコ調のモダンな建物はすぐに目につくランドマークです。登録有形文化財の木造3階建て。

藤屋旅館 1924(大正13)年
登録有形文化財
設計 : 不明(宮大工)
施工 : 不明
長野市大字長野大門町82
撮影 : 2006.7.17
c0112559_15263077.jpg
 この日はあいにくの雨で、写真の色合いがよくありません。
c0112559_15272395.jpg
 『御本陣 藤屋旅館』
c0112559_15274372.jpg
 建物の真ん中、上部(屋根裏部屋?)にはステンドグラス。
c0112559_15293925.jpg
 中も見たかったのですが、結婚式があったようで、玄関ロビーが込み合っていて断念。
c0112559_15305890.jpg
c0112559_15311793.jpg
 玄関脇の古いテーブルと椅子。大きな鉢もあります。
c0112559_15323972.jpg
c0112559_15324816.jpg
 現在は旅館業のほか、レストランやバーなどにも使われています。
c0112559_15331921.jpg

by gipsypapa | 2008-04-03 15:36 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/8582873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ぱふぅ家のサイバー小物 at 2014-03-22 09:22
タイトル : 【ネットができる宿|浜名湖の夜景を楽しもう】旅館ふじや
浜名湖パルパル・かんざんじロープウェイを見に行くのに便利。... more
Commented by j-garden-hirasato at 2008-04-04 20:10
地元にいると、
なぜか、いいものでもちょっと下げて見てしまいます。
長野編、ほかと遜色ないですよね。
自分の住んでいる場所を見つめ直すキッカケになります。
Commented by gipsypapa at 2008-04-04 23:08
j-garden-hirasato さん、この門前前通りにもまだまだ興味深い近代建築がありましたよ。
天気が良ければもう少しじっくり見たのですが。
次は行けなかった松本は見に行かねばと思っています。
<< 長野市の楽茶れんが館 東北電力福島営業所 >>