世界平和記念聖堂 カトリック幟町教会

c0112559_13231047.jpg
 原爆犠牲者慰霊のためのカトリック聖堂で、国の重要文化財に指定された、村野藤吾の戦後の代表作。世界平和記念聖堂の名称で知られていますが、実際はカトリック幟町教会。現地でもらったパンフレットによると、広島で被爆したドイツ人ラッサール司教の発願で建立された聖堂で、c0112559_13232637.jpg壁面は被爆地の土で焼いた煉瓦を積み重ねてつくられているそうです。

 聖堂の建築にあたって、戦後初めて設計コンペが行われ、丹下・前川案がもっともすぐれていたらしいのですが、コルビジェ色が強かったためイエスズ会側及び審査員の間で意見が割れ1位は該当無しとされて、丹下・前川案は2位となりました。代わって、なぜか審査員だった村野藤吾が自ら設計することになったのですが、この経緯は建築設計競技の公平性や審査のあり方についての議論を呼んだとか。このため、村野は設計料の受取りを辞退したそうです。先に紹介した平和記念資料館ではコンペで1等となった丹下健三の設計が採用されたことを考えると、興味深いです。

 ちなみにコルビジェはフランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエと共に近代建築の三大巨匠と呼ばれる建築家ですが、なぜコルビジェ色が受け入れなかったのでしょう。当時の彼の作品を見てみると、住宅建築が多く教会建築はありません。唯一、救世軍難民院(1929)というのが宗教的な作品です。救世軍(Salvation Army)はプロテスタント教派団体ですから、それが嫌われたのか?

 村野藤吾の代表作の一つになった宗教建築で、戦後の近代建築としては非常に珍しく、国の重要文化財に指定された、鉄筋コンクリート造り3階建て、地下1階、鐘楼付、3廊式バシリカ会堂。

世界平和記念聖堂(カトリック幟町教会)
旧広島平和記念堂 1954(昭和29)年
重要文化財
設計 : 建築/村野・森建築事務所(村野藤吾)、構造/内藤多仲
施工 : 清水建設
広島市中区幟町4-42
撮影 : 2006.10.20
c0112559_1324389.jpg
c0112559_13263665.jpg
c0112559_13271475.jpg
c0112559_13272613.jpg
c0112559_1327471.jpg
 被爆地の土砂を使った灰色のレンガで外壁に積み上げています。
c0112559_1329348.jpg
c0112559_13295183.jpg
c0112559_1330188.jpg
 玄関扉は「平和への門は隣人愛である」というメッセージないなっているとか。ドイツのデュッセルドルフ市からの寄贈品です。細かな文様が入っています。
c0112559_13322855.jpg
c0112559_1332418.jpg
 建物に向かうとまず目に入るのが、エントランスポーチの欄間彫刻。彫刻家の円鍔勝三の作品で、旧約聖書の七つの秘蹟(サクラメント)を表しているそうです。正面に5つ、側面に2つあります。
 以下にネット↓で調べたそれぞれの意味も併記します。
http://yutaka901.web.infoseek.co.jp/page9rx03.html
c0112559_13342361.jpg
 正面向かって左から、「悔悛の秘蹟」(ゆるしの秘蹟)と「堅信の秘蹟」。イエスの足元にひざまづき犯した罪を告白し許しを乞う姿(左)と光輪をもつ鳩(右)を表現しています。
c0112559_13365717.jpg
 「品級の秘蹟」 (叙階の秘蹟とも)。ミサ典書、ストラ(祭服)、カリスなどで聖職者になる儀式を表現。
c0112559_13375771.jpg
 「洗礼の秘蹟」と「聖体の秘蹟」。左は神の手、アルファとオメガの印などで大海に翻弄されるノアの箱舟が導かれていて、右には旧約聖書の出エジプト記にでてくるマンナ(一種のパン)。
c0112559_1342517.jpg
 エントランス向って左の面にある「終油(病者の塗油)の秘蹟」。十字架にかかっているストラ(祭服)、壷(聖油をいれる)があります。
c0112559_13442328.jpg
 向って右の面には「婚姻の秘蹟」。シャネルのロゴのような、ハート型模様、ループ状に繋がるバラの飾り。
c0112559_1348366.jpg
c0112559_13484838.jpg
 聖堂に入ってまず驚かされる正面聖壇の「再臨のキリスト」(祭檀中央モザイク壁画)。西ドイツアデナウワー元首相の寄贈によるものだとか。また祭壇上ステンドグラスはミュンヘン市聖ルドビコ布教会(ドイツ)から。
c0112559_13523085.jpg
 振り向いたところ。ヴォールト天井の聖堂。ちょと見えにくいのですがドイツのケルン市寄贈のパイプオルガンが奥の中2階にあります。「ケルンと広島、おなじ苦しみに結ばれつつ世界平和のため共に働き共に祈る」
c0112559_13542683.jpg
c0112559_13543634.jpg
c0112559_1355996.jpg
c0112559_13551755.jpg
c0112559_13552787.jpg
c0112559_13553772.jpg
c0112559_13561594.jpg
c0112559_13562798.jpg
 かなり大きく荘厳な聖堂。下段の華やかなステンドグラスはドイツ・ポルトガル・メキシコなどからの寄贈品で構成されています。
c0112559_13585762.jpg
 上段のステンドグラスはオーストリアから。
c0112559_1491998.jpg
祭壇左右のバラ窓はドイツのアーヘン市フランシスコザビエル・フェラインから。
c0112559_140977.jpg
c0112559_140233.jpg
c0112559_1403242.jpg
 平和を祈る。
c0112559_141047.jpg
 隣接する聖母幼稚園。
by gipsypapa | 2008-03-25 14:12 | 建築 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/8520046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-03-26 07:08
宗教って、難しいですね。

この建物、遠目に近代風のすっきりしたデザインですが、
近付くと時の流れを感じますね。
広島に行きたくなりました。
Commented by gipsypapa at 2008-03-26 14:53
j-garden-hirasato さん、賛同した多くの国々の寄贈品を組み合わせて、
これだけの建物を建てるのは大変だったと思います。実際着工から4年かかっています。
広島は焼け野原になったので、ほとんどが戦後の築です。
見どころはこの教会と平和記念公園周りでしょうね。
Commented by マッナー at 2013-09-01 00:39 x
教会はとても良いところです。
いつでも誰でも入れます!
Commented by マッナー at 2013-09-01 00:44 x
教会はそんな難しい所でわありません
私は実際に毎週日曜にここに行っています。
ぜひ皆さんも来て体感してください!
Commented by gipsypapa at 2013-09-01 20:17
マッナーさん、
はい、難しいところではありませんね。
扉が開いていたら遠慮なく中へ入ります。
<< Gitano Family J... 原爆ドーム >>