内子座

c0112559_21361612.jpg
 c0112559_21365283.jpg 



3年以上前、四国を旅行した時に、立ち寄りました。愛媛県の内子町は、江戸後期から明治時代にかけて、和紙と木蝋で栄えた町で、当時の面影を残す八日市・護国地区の町並みが、今も美しい佇まいを見せ、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されています。

 中でもこの内子座は、大正5年に建築された本格的な歌舞伎劇場で、現在も芝居やコンサート、寄席などに利用されています。枡席や回り舞台、奈落などが昔のまま残る劇場。木造2階建て、地下奈落。

内子座
1916(大正5)年
設計 : 長曽雄熹
施工 : 西岡暹 
愛媛県内子町内子2102
撮影 : 2004.9.24




c0112559_21375311.jpg
 
c0112559_2138197.jpg
c0112559_21383438.jpg
 大正時代を喚起するような看板。
c0112559_21414488.jpg
 こちらは現代の出し物。歌舞伎もありますが、結構有名な芸能人がいますねぇ。
c0112559_21395716.jpg
c0112559_21401036.jpg
 内部の見学は有料ですが、安かったと思います。
c0112559_21445890.jpg
 都会では少なくなった典型的な芝居小屋。福岡県飯塚市の嘉穂劇場もそうですが、土地の人々の熱意によって支えられている貴重な財産です。
c0112559_21473137.jpg
 昔の街道が残る内子の町並み。
c0112559_21482163.jpg
 通りの古い店の看板です。「酢卵」という聞きなれない名前。飲み物のようですが、何でしょう?
by gipsypapa | 2008-03-23 21:52 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/8508582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-03-25 06:02
ここ、行きたいんですよねえ。
でも、ちょっと遠くて…。
Commented by gipsypapa at 2008-03-25 13:11
j-garden-hirasato さん、遠いです。松山が旅行の目的地で、次が宇和島だったので、途中下車しました。
この辺はのんびりしているのでJR特急に乗っても時間がかかりますよ。
<< 原爆ドーム 愛媛県立美術館分館(旧萬翠荘) >>