大阪の橋~堂島大橋

c0112559_146831.jpg
 しばらくビル建築が続いたので、これから大阪の橋シリーズを少しやります。

 中之島の西から東に向かって、歴史のある橋を見ていきます。 中之島というのは、淀川の支流である大川が、堂島川と土佐堀川に分かれた部分にある中州。
 
 最初は堂島川に架かる堂島大橋です。大阪市の設計ですが、武田吾一が意匠指導をしています。下部工事は大林組が施工しましたが、橋梁部分の製作施工は大阪鉄工所。実はこの大阪鉄工所は、私が今務めている会社の前身なのでした。

堂島大橋 1927(昭和2)年
設計 : 堀威夫(大阪市)、武田五一(意匠指導)
施工 : 大林組(下部工事)、大阪鉄工所(製作、架設)
大阪市北区中之島5・6~福島区玉川1・福島3
撮影 : 2007.11.25
c0112559_14142476.jpg
c0112559_1413254.jpg
c0112559_14143315.jpg
c0112559_14144851.jpg
c0112559_14152186.jpg
 現代的な高層ビルが立ち並ぶ中之島でもひときわ古めかしい橋。いい感じです。それにしても、当時は橋を架けるにも装飾的なデザインを取り入れていたわけで、現代とは考え方が違いますね。
c0112559_14193488.jpg
 たまたま堂島川を遊覧船が通りました。右奥はグランキューブ(国際会議場)。
by gipsypapa | 2008-03-12 14:24 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/8429325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-03-13 06:37
橋柱の近くに自転車が置いてあるのが、
ザ・大阪、という感じです。
昔の橋は橋柱が凝ってますね。
何をイメージしてたんでしょう。
一枚目の橋柱、
丸い部分が剝がれ落ちていて、
下に鉢のようなものがありますが、
水でも落としていたんでしょうか。
完成したばかりの姿、見てみたいですね。
Commented by gipsypapa at 2008-03-13 14:42
j-garden-hirasato さん、はい、これが大阪です。(笑)
剥がれた跡の残る丸い部分に何があったのか、謎ですねぇ。
手前下の鉢は、花か植え木に似合う形ですが、それだと後ろの
丸い部分が見えなくなるかもしれないし・・・・
<< 大阪の橋~錦橋 大阪京町堀の京町ビル >>