リストランテ・サリーレ

c0112559_16411829.jpg
 土佐堀川沿いに、大正末期から昭和初期に建てられた建物があります。もともとは大阪産業信用金庫の店舗として建てられました。そのあと駿河屋、ゼンセン同盟、内外内田実業へと持ち主が代わりつつ長年使用されてきましたが、 最近外壁など多くの部分が改修されて、イタリア料理のレストランに生まれ変わりました。もとはグレイのセセッション風の外観だったそうですが、改修時に赤いレンガタイルが貼られて、逆に古典的な意匠になっています。エントランス上部のバルコニーが印象的な、鉄筋コンクリート造り3階、地下1階建て。

内部の写真はレストランのホームページをご覧ください。
http://www.salire.jp/index.html

リストランテ・サリーレ
旧大阪産業信用金庫 1927(昭和2)年ころ
設計・施工 : 不明
大阪市西区土佐堀1-6-18
撮影 : 2007.11.25 & 2008.2.19
c0112559_16423098.jpg
 3階の小さなアーチ窓にも可愛いバルコニー。
c0112559_164755100.jpg
c0112559_1648519.jpg
 玄関周りの装飾も手の込んだもの。
c0112559_16511578.jpg
 白い木製窓が美しい。
c0112559_16504051.jpg
c0112559_165544100.jpg

c0112559_16515636.jpg
 建物の背面は土佐堀川に面しています。窓際の席からは川と中之島の風景が楽しめるわけです。特に夜はロマンティックでしょうね。
by gipsypapa | 2008-02-29 16:56 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/8343787
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-03-01 15:48
「改修時に赤いレンガタイルが貼られて…」
これはこれでなかなか味わいがありますが、
この凝ったデザインにレンガ貼りは、
ちょっとくどいような気もします。
「もとはグレイのセセッション風の外観」
建築の知識が乏しいのでイメージできませんが、
グレーの方がしっくりくるような気がしますね。
Commented by gipsypapa at 2008-03-02 09:43
j-garden-hirasato さん、すみません、グレイじゃなかったかも知れません。
ともあれ、今の写真から赤レンガをはがして、窓周りの白いモルタルを背景の色にしたような感じでしょうか。
実は今の建物の前を最初に通ったときには、古いビルとは思わずに通過していました。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-03-03 06:00
遠目だと古い建物には全然見えません。
ファサードの仕上がりって大切ですね。
リンクさせていただきました。
いろいろ勉強させてください。
Commented by gipsypapa at 2008-03-03 11:15
j-garden-hirasato さん、こちらこそよろしく。
私もリンクを貼らせていただきました。
<< 船場ビルディング 菅澤眼科クリニック >>