又一ビルディング

c0112559_22415482.jpg
 大阪御堂筋の本町近くにある又一ビル。現代的なガラス張りのビルの一部に、ルネサンス様式の外壁が残されています。壁には唐草模様や鳥などの美しい装飾。c0112559_22421956.jpg旧大谷仏教会館の外壁の一部をファサード保存したものです。随所にみられるテラコッタはルネッサンス様式。古い建物を解体するか保存するかの問題に、善しにつけ悪しきにつけ一つの回答を出している方法です。
 新しく建てられた又一ビルは、その優れたデザインが評価され、昭和61年に第6回大阪都市景観建築賞(大阪まちなみ賞)の『奨励賞』を受賞ました。

又一ビルディング
旧大谷仏教会館 1919(大正8)年
設計 : 竹内緑
施工 : 不明
大阪市中央区久太郎町3-5 
撮影 : 2008.2.19


c0112559_22435945.jpg
c0112559_22444264.jpg
c0112559_22451876.jpg
c0112559_230541.jpg
c0112559_22463447.jpg
 ここまでテラコッタ(装飾に用いる素焼きの陶器)を多用しているのは珍しいし、だからこそファサード保存が可能だったともいえます。
c0112559_22492562.jpg
 床下換気口のグリル。
c0112559_22502559.jpg
 御堂筋南側を東に入ると、正面玄関は昔のままの様式が保存されています。
c0112559_22534485.jpg
 改築された現在のビルは地上11階、地下2階建て。超近代的なビルに大正時代の建物がはめ込まれています。
by gipsypapa | 2008-02-23 23:01 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/8302701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ローカルニュースの旅 at 2015-07-17 19:41
タイトル : 福井の若者の「集合知」となる空間
これからビルディングの3階「サンカク」は、異なる職業の人たちが仕事場を共有するコワーキングスペースとして、1カ月ほどかけて手作りで仕上げていく。デザイナーや設計士、アーティスト、会社員、そして新聞記者…。さまざまなスキルと情報が交わるこの場所で、新しいビジネスやまちづくりにつながるアイデアを生みだしていきたい。福井に暮らし、福井を思う若者たちの意識とやる気が詰まった「集合知」は、地方の課題に対する新しいアプローチになる。... more
Commented by j-garden-hirasato at 2008-02-26 05:28
はじめまして。
ときどき拝見させていただいております。
自分もレトロな建物に、
なぜか惹かれているもので、
いろいろ勉強させてもらっています。
これからも、よろしくお願いします。
この建物のファサードはすごいですね。
こんなコテコテしたの、初めて見ました。
ますますレトロな建物が好きになりました。
こういうものを残しての再開発、
嬉しくなりますね。
Commented by gipsypapa at 2008-02-26 15:25
j-garden-hirasato さん、はじめまして。
ブログを拝見しました。日本庭園がテーマなんですね。美しい写真ばかりで、感心しました。
日本的な建物や庭を撮り出したら、ほぼ無限の被写体があるでしょうね。
私もまた拝見させていただきます。
今後ともよろしくお願いします。
<< 菅澤眼科クリニック 三木楽器本店(大阪開成館) >>