地下鉄梅田駅

c0112559_1514629.jpg
 大阪の北の中心になる御堂筋線梅田駅。ここからJR大阪駅、阪急や阪神の梅田駅と地下で連絡する最も忙しい駅です。

 ここもセセッション様式のヴォールト天井。ただし梅田駅は1989年に大改造が行われました。増え続ける乗降客に、ホームの幅を拡張。新たに広げた南行き(なかもず方面)線路側のホームは“幻のトンネル”を使ったものです。“幻のトンネル”は、もともと谷町線用のトンネルとして1936年に完成していましたが、ルートが東側へ変更され、不要となったトンネルは長年、使用されていませんでした。ホーム拡張になって、そこに鉄道が走ることになったわけです。大改造されましが、アーチ型の天井とシャンデリアの照明が醸すレトロな雰囲気は、今も素晴らしい。

地下鉄梅田駅 1935(昭和10)年
設計:大阪市臨時高速鉄道建設部 
大阪市北区角田8-6
撮影 : 2007.12.29 & 2008.1.1
c0112559_1514578.jpg

c0112559_15152149.jpg
c0112559_15152920.jpg
 120度、3方向に張り出した蛍光灯の列。これまで見てきた駅はすべて照明器具の形状が違います。戦後に白熱灯から蛍光灯に変わったのでしょうが、その時に、これだけの芸術的な配慮をした大阪市に敬意を表します。
by gipsypapa | 2008-02-08 15:19 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/8184438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 大阪証券取引所・旧市場館 地下鉄淀屋橋駅 >>