大阪市立美術館

c0112559_1584550.jpg
 大阪市立美術館は天王寺公園内にある大きな美術館。天王寺公園は広大な敷地に緑があり、有名な天王寺動物園も敷地内にあります。この一帯は、もともと住友家の本邸があった所で、この庭園も含めて大阪市に寄贈されたとか。さすが大財閥です。
 美術館訪問はいずれの日も年末と元旦で門が閉じていました。左右対称形をしたクラシカルな洋風建物に和瓦を屋根に使った重厚な建物です。正門を入って2階部分に上る階段が、ヨーロッパ風の良いアクセントになっています。正門の意匠も優れたもの。普段は各種展覧会が開催されていますので、行こうと思えばいつでも行って中を見ることができるのですが。鉄筋コンクリート3階建て、地下2階。

大阪市立美術館
1936(昭和11)年/1979(昭和54)年改修
設計 : 伊藤正文・海上静一・日高胖(大阪市土木部建築課)
施工 : 大林組、小坂井組
大阪市天王寺区茶臼山町1-82 
撮影 : 2007.12.29 & 2008.1.1
c0112559_1510335.jpg
c0112559_15101833.jpg
 この日(12月29日)は小雨交じりのあいにくの空模様。傘をさしながらの撮影でした。
 階段を上って正面へ行くか、階段の間の通路を直進するようです。正面の大きな3列の窓が美しい。これは中から見たいものです。
c0112559_1514287.jpg
c0112559_15153750.jpg
c0112559_15144457.jpg
c0112559_15145378.jpg
 邸内に入れないのでひたすら正門回りを。ここのデザインも優れモノです。
c0112559_15164120.jpg
c0112559_15165238.jpg
 鉄格子の門扉も古典主義的。
 ここから ↓ は元旦の撮影です。冬とはいえ天気がよく色合いが鮮やかになりました。
c0112559_1518313.jpg
c0112559_15191772.jpg
 公園の遊歩道からちらっと見えた側面。
c0112559_15192691.jpg
c0112559_15212650.jpg
 正面も違って見えます。鳥が数羽飛んでいますが、カラスかな? 
by gipsypapa | 2008-01-29 15:24 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/8105111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ローカルニュースの旅 at 2014-02-23 09:08
タイトル : 魅力を絵筆に託す 「大阪を描こう展」開幕
大阪市立美術館で18日、公募作品展「第18回大阪を描こう展」が開幕した。会場には大阪城や天保山道頓堀など、大阪の名所、旧跡を描いた作品の数々が並んでいる。市立美術館は橋下市政の下、昨年6月に存続が正式決定するまで存廃問題で揺れ動いた経緯があり、大阪の魅力を絵筆に託した出展者らにその思いを聞いた。同展は23日まで。審査員による作品解説は21、22日が午前11時、午後2時から、23日が午前11時から。... more
Commented by sy-f_ha-ys at 2008-01-29 22:32
今年は本当に寒いですよね。西洋館は雨と晴れとではまったく印象が変わりますよね。二度の訪問お疲れ様でした(^.^)
あと既にご覧になったかも知れませんが、ヴォーリズ設計による函館・遺愛学院講堂をUPしてみました。他に入間の教会も先ほど投稿しましたので(間違えて2度TBを送ってしまっています、申し訳ありません)、宜しければご覧ください。夕方に撮ったので、かなり寒そうな写真になってしまいました・・・・・。
Commented by gipsypapa at 2008-01-30 17:50
sy-f_ha-ys さん、お久しぶりです。
この2週間ほど忙しくしていまして、なかなか他のサイトに行けない状態で、このコメントをいただいて初めて気づきました。失礼しました。
ヴォーリズの方にもTBいただきありがとうございました。

で、忙しくしている理由は、一念発起して関西と関東(東京と神奈川)のレトロ建物の訪問候補リストを作成し始めたからなのです。
大体終りが見えてきました。(^-^)
かなり詳細ですよ。住所もばっちり入力してますので、いつでも行ける状態になりつつあります。
あとは、いつ行くかという、大きな問題があるのですが。(笑)
<< 大阪松竹座 浪速郵便局阿倍野橋分室+大手前... >>